リラックス効果大!CBDオイルを使用した簡単レシピ集

リラックス効果大!CBDオイルを使用した簡単レシピ集

リラックス効果やストレスの解消、そして睡眠の改善など、様々な効果が秘められていることで、世界中で話題沸騰になっている「CBD」は、日本国内においても徐々に市民権を得るようになり、最近ではCBD製品を取り扱うお店も都内を中心に続々と増えてきています。

現在、様々なジャンルのCBD製品が登場していますが、CBD製品の中でも特に有名なのが「CBDオイル」です。

食用オイルにCBDを配合したCBDオイルは、手軽に摂取できることでCBD初心者にも人気が高いものの、オイル特有の味がすることから、毎日摂取していると飽きが来てしまうこともあります。

そこでおすすめなのが、CBDを毎日の食事に取り入れて摂取する方法です。

CBDオイルは、様々な料理のトッピングや隠し味として使用することができ、また飲み物に加えてもおいしく飲むことが可能なので、飽きっぽいと言う方でもモチベーションをキープしながら続けることができます。

しかし、調理方法によっては、効果を得られなくなることもあるので、必ず注意点をチェックしてから作るようにしましょう。

そこで今回は、CBDオイルを使用した、簡単に作れるレシピ集をご紹介します。

CBDオイルは料理や飲み物に混ぜることができる!?

ヘンプ(麻)に含まれる成分の一種である、CBDが含まれているCBDオイルは、現在欧米を中心に大ブームとなっており、さらにリラックス効果だけでなく、食欲増進や疲労回復、関節痛の改善など、様々な健康効果も期待できることから、海外では医療現場で様々な治療に活用されることも増えて来ています。

CBDオイルは、スポイトなどを使用してそのまま摂取するのが基本ですが、海外のCBD愛好家の間では、CBDオイルを使って料理を作ったり、飲み物に加えて飲んだりと様々な取り入れ方をしており、新たなCBDオイルの楽しみ方として、国内でも注目を集めています。

CBDを使った料理は子供にもおすすめ!?

CBDは、吸い込むタイプなど一度製品には年齢制限が定められている場合もありますが、CBDオイルに関しては用量を成人の推奨量よりも減らすことで子どもでも摂取することが可能です。(*薬を服用中の場合は医師に相談してください)

ですが、お子さんにはCBDオイルの味は大人よりも苦味を感じてしまう場合もあり、自分から進んで飲みたがらない場合もあります。

しかし、CBDオイルを料理や飲み物に加えればCBDオイルの味がほとんど消されるので、気付かずにCBDを取り入れることが可能です。

ストレスや不安を感じやすい現代社会だからこそ、ときにはリラックスタイムを作ることも大切です。

CBDオイルを取り入れたレシピを活用して、くつろぎのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

CBDオイルを料理や飲み物に取り入れる際の注意点&ポイント

CBDオイルは、様々な料理や飲み物に取り入れることができますが、取り入れる際には、いくつかの注意したい点があります。

そこで、必ず知っておきたいCBDオイルの注意点と、さらにCBDの効果をより高めることができるポイントをご紹介します。

即効性を重視するなら舌下摂取!

CBDオイルは、摂取する方法によって体内に吸収されるスピードが異なります。

口から摂取するには、経口摂取と舌下摂取の2つの方法があり、経口摂取は普通に口から摂取をする方法ですが、持続時間が長いものの、効果が現れるまでに比較的時間がかかります。

舌下摂取は、舌の下にオイルを垂らして30秒以上置いてから飲み込む方法で、この方法で摂取をすると、血液内に素早く届くことから効果がすぐに現れ、その上経口摂取よりも高い効果が期待できると言われています。

料理や飲み物にCBDオイルを取り入れる場合は、自然に経口摂取になってしまいがちですが、即効性を重視したいと言う方は舌下摂取を意識しながら摂取してみましょう。

加熱をしない料理や低温料理に取り入れるようにする

CBDオイルは160~180度になると気化されてしまう為、料理に取り入れる際にはこれより下の温度で調理をするようにしましょう。

調理用温度計が無いと言う場合は、加熱料理に加えるのはなるべく控えるようにし、低温料理に取り入れるのがおすすめです。

CBDオイルの過剰摂取に注意!

CBDオイルは、有害な副作用などはほとんどないですが、推奨量以上を摂取してしまうのは身体にも負担がかかり、よくありません。

料理や飲み物に取り入れる際には、なるべくCBDオイルを入れすぎないように注意し、必ず最初は少ない量からスタートするようにしましょう。

他のオイルやバターも一緒に使用する

CBDオイルは文字通り油の為、水などの液体には溶けにくくなっています。

しかし、オリーブオイルやココナッツオイルといった他の種類のオイルと混ぜ合わせるとCBDオイルが綺麗に混ざり、CBDが均等に撹拌されることで食材に浸透しやすくなり、CBDの吸収率も上がると言われています。

オイル以外にも、バターやマーガリンにも溶けやすくなっているので、調理をする際には、なるべく他の種類のオイルやバターも一緒に使用するようにしましょう。

CBDオイルを使用したおすすめレシピ

CBDオイルを使用した、おすすめのレシピをご紹介します。

メイン料理はもちろん、副菜やデザート、さらに飲み物など様々なレシピがあるので、是非活用してみてください。

CBDバターコーヒー

高いダイエット効果があることで近頃話題となっているバターコーヒーは、通常ではMCTオイルとバターまたはギー(バターオイル)を加えて作りますが、これらの材料に加えてCBDオイルをプラスしたり、またはMCTオイルをCBDオイルに置き換えることで、健康効果満載のCBDバターコーヒーが完成します。

バターコーヒーは腹持ちが良い為、朝食の代わりにも最適で、さらに集中力を高める働きも期待できるので、仕事前や勉強前に1杯飲んで、やる気をアップさせるのもいいかもしれません。

「材料(1杯分)」
・CBDオイル 1回分
・MCTオイル 大さじ1
・バター(グラスフェッドバター推奨)、またはギー 10g
・コーヒー 1杯

「作り方」
1.マグカップにバターまたはギーを入れる
2.そこにCBDオイルとMCTオイルを加える
3.コーヒーを注ぐ
4.しっかり混ぜ合わせたら完成です。

冷製CBDアラビアータ

ピリッとした辛味が食欲をそそる冷製アラビアータは、夏バテでぐったりしているときにもおすすめです。

刺激が欲しいと言う方は、鷹の爪を輪切りにしたり、量を増やすことでより辛くすることができます。

「材料(1人分)」
・スパゲティ 1人分
・CBDオイル 1回分
・にんにく 1片
・鷹の爪 2~4本(お好みで)
・カットトマト缶 1/2缶
・ベーコン お好みで
・オリーブオイル 大さじ1
・塩 少々
・こしょう 少々
・パセリ 適量

「作り方」
1.スパゲティを表示通りに茹でる
2.ベーコンを細かく切り、にんにくはみじん切りにしておく
3.フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて香りが出るまで弱火で炒める
4.そこにベーコンを加えて炒め、火が通ったらトマト缶と塩、こしょうを加えて煮詰める
5.ひと煮立ちしたら容器に移し、冷蔵庫で冷やす
6.茹でたスパゲティを流水や氷水で冷やしておく
7.ソースが完全に冷えたら、スパゲティを乗せた容器に盛り付け、CBDオイルとパセリをかけたら完成です。

CBDシーザーサラダ

チーズの風味が引き立ち、マイルドな味わいで子どもから大人まで大人気のシーザーサラダ。

マヨネーズやにんにくによってCBDオイルの味もほとんどかき消されるので、CBDオイルの香りが気になると言う方にもおすすめです。

「材料(2人分)」
・レタス 適量
・ミニトマト 適量
・クルトン お好みで
・マヨネーズ 大さじ2
・CBDオイル 適量
・にんにく(チューブでも可) 少々
・牛乳または豆乳 大さじ3
・酢 小さじ1
・こしょう 少々
・粉チーズ 大さじ1

「作り方」
1.レタスを食べやすい大きさにちぎる
2.ミニトマトのへたを取って半分に切る
3.マヨネーズ、CBDオイル、にんにく、牛乳(または豆乳)、酢、こしょう、粉チーズを容器に入れて混ぜ合わせる
4.ボウルにレタス、ミニトマト、クルトンを入れ、3のドレッシングをかけたら完成です。

CBDチョコレートブラウニー

しっとりとした食感と濃厚なチョコレートのおいしさがやみつきになるCBDオイル入りブラウニーは、自分へのご褒美にはもちろん、多めに作って家族や友人に配ってみてもいいかもしれません。

「材料(ケーキ1個分)」
・チョコレート 100g
・牛乳 20cc
・CBDオイル 1回分
・卵(常温) 2個
・バター 70g
・薄力粉 80g
・ココアパウダー 10g
・砂糖またはグラニュー糖 60g

「作り方」
1.オーブンを150度に余熱する
2.薄力粉とココアパウダーをふるっておく
3.チョコレート、バターをボウルに入れて湯煎で溶かし、そこにCBDオイルを加える
4.3のボウルに牛乳、砂糖を加え、混ぜ合わせる
5.溶いた卵を加えて泡立て器で混ぜる
6.2を加えてさらに混ぜる
6.型に流し入れて150度のオーブンで40分程焼いたら完成です。

まとめ

CBDオイルにはリラックス作用が備わっていますが、料理をすることでリフレッシュ効果も生まれることから、そのままCBDオイルを摂取するよりも心身のバランスが整えられ、ストレスや不安と言った症状を軽減することができます。

体に良い影響をもたらしてくれるだけでなく、贅沢な気分に浸ることもできるCBDレシピを、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事