-5歳若返る!?髪と頭皮のエイジングケア方法!

-5歳若返る!?髪と頭皮のエイジングケア方法!

人は相手を見た際に、顔や服装を見てある程度の年齢を推定することができますが、中でも肌のハリ具合が特に判断基準となると言われています。

さらに肌だけでなく、見た目年齢を大きく左右すると言われているのが”髪”です。

例えば、髪型に関係無く、髪のボリュームがある人はボリュームが無い人よりも見た目年齢を若く見せることができ、ボリュームをアップしただけでマイナス5歳も若く見られることもあります。

さらに毛量だけでなく、髪質も見た目の印象を大きく変えてしまい、キューティクルがあり、ツヤやコシのある健康的な髪は、若々しさの象徴でもありますが、その反対でツヤが無く、ぱさつきのある髪は老け込んだ印象をもたらすことになります。

このように、髪は肌と同様に年齢が出やすい場所となっていることから、10年、20年後も健やかで若々しさのある髪でいる為に、髪と頭皮のエイジングケアを始めて、常日頃からお手入れを欠かさず行っていきましょう。

そこで今回は、薄毛対策にもおすすめの、髪と頭皮のエイジングケアの方法をご紹介します。

髪の頭皮のエイジングケアが重要な理由とは?

多くの美容の専門家が口を揃って推奨しているのが、髪と頭皮のエイジングケアです。

エイジングケアとは、年齢に応じたケアを行うことで老化の進行を遅らせると言うお手入れ方法ですが、ほどんどの人はエイジングケアと聞くと、お肌のケアを想像してしまうのではないでしょうか?

エイジングケアは肌に加えて髪や頭皮のケアを行うことも大切だと言われており、髪と頭皮のケアをする人としない人では、将来的に大きく差が出るとされています。

しかし、肌のお手入ればかりに気を取られてしまい、髪と頭皮のケアをサボってしまう人も多いと言われており、髪と頭皮のエイジングケアの重要性に気付いてしっかり行っている人は少数派だと言われています。

髪の老化は40代頃から自覚できるようになり、パサつきや白髪、薄毛になってきたりと様々な変化があります。

年齢を重ねるにつれて髪にもボリュームが無くなり、コシのある健康的な髪を維持し続けるのは至難の業ですが、エイジングケアを行うことで老化の進行スピードを遅くすることができ、美しい髪を守ることができます。

髪と頭皮のエイジングケアは30代からスタートしよう!

髪と頭皮のエイジングケアを始めるタイミングは、少しでも髪の衰えに気付いたらすぐに開始するのが望ましいですが、中でもベストな時期が30代です。

早めに始めることで老化の予防にもなり、しっかりお手入れすることで10年後も今と変わらない美髪をキープできるかもしれません。

髪のトラブルが起きる原因とは?

抜け毛が多かったり、髪からコシやハリが失われる原因は、加齢以外にも様々な原因があり、年齢的にまだ髪の老化は始まらないと思っていても油断はできません。

そこで、髪や頭皮のトラブルを引き起こす原因をご紹介します。

ストレス

シャンプー時の抜け毛の量が以前よりも増えたように感じた場合、精神的なストレスを溜め込んでいるのかもしれません。

髪は、毛根にある「毛母細胞」と言う細胞が活性化されることで成長を促すことができますが、活性化させるには栄養を届ける必要があります。

精神的なストレスによって自律神経のバランスが乱れると血行不良に陥り、それによって毛母細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなることで髪の成長が停止し、様々なトラブルを引き起こすことになります。

紫外線

髪が傷む原因には、カラーやパーマの薬品によるダメージや、ヘアアイロンの熱によってもたらすダメージが有名ですが、髪にダメージを与える原因として意外に知られていないのが紫外線です。

髪も肌と同様に日焼けをし、紫外線を浴び続けることでパサつきや、枝毛ができやすくなったと、様々なダメージをもたらします。

紫外線を浴びると髪が傷む理由にはメラニン色素が関係しています。

髪の内部にあるメラニン色素は、シミを作り出す肌のメラニン色素とは異なり、髪を紫外線から守る役割がありますが、紫外線を浴びすぎてしまうとメラニン色素が分解され、それによってパサつきやツヤが無くなったり、色素が減少することで髪色が明るくなる場合があります。

また、紫外線を浴びるとヘアカラーの持ちも悪くなる為、帽子をかぶったり、UVスプレーを使って対策をしましょう。

今すぐ始めたい!髪&頭皮のおすすめエイジングケア方法

簡単にできる髪&頭皮のおすすめエイジングケアの方法をご紹介します。

紹介した方法を全てを行うのが望ましいですが、忙しいと言う方は、自分ができそうな範囲で行ってみましょう。

頭皮マッサージ

年齢に関係無く、毎日1日1回行っておきたいのが頭皮マッサージです。

頭皮を揉みほぐすようにマッサージを行うと血流やリンパの滞りが解消されて栄養が行き渡るようになり、抜け毛や薄毛の予防、さらにハリやコシのアップも期待できます。

また、頭皮のリンパ管に溜まった老廃物が排出されることで顔のむくみやたるみの改善も期待できます。

頭皮マッサージは、頭皮専用ブラシを使うと簡単にマッサージができ、心地よく刺激ができるのでおすすめです。

頭皮クレンジング

頭皮マッサージと同様に、日常的に行いたいのが頭皮クレンジングです。

専用のオイルやシャンプーを使うことで通常のシャンプーでは落ちにくい、毛穴に詰まった汚れを落とすことが可能で、さらに保湿効果もあるので乾燥も防ぎ、頭皮を清潔に保つことができます。

頭皮クレンジングは週1回を目安に行うのがおすすめです。

髪や頭皮に良い食品を取り入れる

髪の80%は「ケラチン」というタンパク質からできており、新たな髪を作り出すにもこのケラチンが必要になります。

ケラチンを補給するには、タンパク質やアミノ酸が含まれている食品を取り入れるようにし、肉や魚、卵などに含まれる動物性タンパク質と、野菜や果物、穀物、大豆食品に含まれる植物性タンパク質の2種類のタンパク質をバランスよく取り入れて下さい。

また、身体はもちろん、髪の健康維持にも欠かせないミネラルやビタミンを含んだ食品もバランスよく取り入れるようにしましょう。

シャンプーにこだわろう

髪と頭皮のエイジングケアを始めるにあたって、まずは毎日のように使うシャンプーを見直してみましょう。

ドラッグストアなどで売られている安価のシャンプーは洗浄力が高く、汚れをしっかりと落とすことができるものの、本来必要になる皮脂まで落としてしまう場合があり、頭皮の乾燥を招いてしまうリスクがあります。

シャンプーを選ぶ際は原材料をチェックするようにし、コスメショップやインターネット通販で販売されている自然の成分を使用したオーガニックシャンプーや、刺激が弱いアミノ酸シャンプーなどを選ぶのがおすすめです。

髪と頭皮のエイジングケアにはCBDオイルが効果的!?

最近では、エイジングケアに特化したシャンプーやトリートメントと言ったヘアケア製品が数多く販売されていますが、そんな中、海外で近頃、髪と頭皮ケアに効果的な成分として注目されているのが「CBD」です。

ヘンプ(麻)に含まれている成分の1つであるCBD(カンナビジオール)は、リラックス作用があることで知られ、他にも不眠症や関節痛の改善、疲労回復効果など、現代人に嬉しい様々な効果が期待できることから近年では欧米を中心に世界中で大ブームになっています。

さらにCBDの効果の1つとして抗炎症作用があります。

炎症を抑える働きによって痛みを伴う様々な疾患に効果が期待でき、さらにこの抗炎症作用は頭皮の湿疹や乾皮の改善にも効果があるとされており、抜け毛の予防や薄毛対策に効果的だと言われています。

海外ではCBDが配合されたヘアケア製品が登場しており、今後は国内でもCBD配合ヘアケア製品がトレンドになるかもしれません。

CBDオイルで髪と頭皮のエイジングケアをするには?

CBDが含まれた製品は、2018年頃から欧米で多く登場するようになり、アメリカではスーパーでも手に入れることができるほど定着し、ペット用やコスメなど様々なジャンルの製品が販売されるようになりました。

その中でも特に人気が高いのが、食用オイルにCBDが含まれている”CBDオイル”です。

オイル状になっているので摂取しやすくなっており、CBDが初めてだと言う人でも手軽に取り入れることができます。

そんなCBDオイルは、通常では舌下摂取と言う方法で体内に吸収させますが、他にも”経皮摂取”と言う方法でも取り入れることができます。

経皮摂取は、皮膚に直接塗って吸収させることで、痛みの緩和や肌荒れの改善が期待でき、特定の部分を集中的にケアしたい際に向いています。

髪と頭皮のエイジングケアには、この経皮摂取の方法で取り入れるのがおすすめで、CBDオイルを使って頭皮マッサージを行ったり、傷んだ髪に散布したりと様々なやり方でケアを行うことが可能です。

また、CBDオイルにはストレスを緩和させる働きもあることから、ストレスによる抜け毛などの髪のトラブルの予防・改善にも効果があり、ストレスを緩和したい場合は経皮摂取では無く、舌の下にオイルを垂らして30秒以上待ってから飲み込んで摂取をする”舌下摂取”と言う方法で取り入れるのがおすすめです。

髪と頭皮のエイジングケアだけでなく、様々な用途で使う事ができるCBDオイルを、是非活用してみはいかがでしょうか?

まとめ

髪と頭皮のエイジングケアは将来に向けた予防だけでなく、習慣的にケアを続けることで髪のコンディションも整えられ、様々な髪と頭皮のトラブルの改善にもつながります。

今から意識して取り組むようにし、健康的な美髪をキープしていきましょう。

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事