早く始めるほど効果的!簡単にできる花粉症対策

早く始めるほど効果的!簡単にできる花粉症対策

冬も終盤を迎え、春が近づくにつれて気温があたたかくなり、薄着でも過ごしやすくなってきますが、気温が高くなると同時に飛散し始めるのが花粉です。

花粉症は冬の終わりから春にかけて発症しやすく、地域によっては2月初旬からスギやヒノキの花粉の飛散がスタートし、ピークは4月頃まで続きます。

近年では花粉症の治療法も確立されてきましたが、完治するには数年の期間を要してしまう為、花粉症を改善したいと思っていても諦めているという方も多いのでないでしょうか?

しかし、花粉症は様々な対策を実践することで症状を抑えたり、緩和することが可能で、
症状が本格的に現れる前から対策を行うことでより効果が期待でき、例年よりも花粉症に苦しまずに済むことができます。

そこで今回は、毎年花粉症で悩んでいると言う方に向けて、効果抜群の花粉症対策をご紹介します。

花粉症のピークシーズンはいつ?

日本人の4人に1人がかかっていると言われている花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎と言う呼び名もある通り、アレルギー性鼻炎の一つでもあり、一度発症すると毎年症状が出るようになります。

花粉症の中でも特に花粉量が多く、花粉症の原因として特に多いのがスギ花粉とヒノキ花粉です。

スギ花粉は、2月~4月がピークシーズンで、北海道から九州までの多くの都道府県で飛散します。

一方のヒノキ花粉は、3月~5月にかけてピークを迎え、北海道と沖縄を除いた各都道府県で飛散します。

花粉は1年中飛散していますが、花粉の飛散量は天候によって異なり、晴れている日や雨が降った翌日、強風の日、気温が高めの日には飛散量が増加しやすい傾向にあるので注意しましょう。

花粉症は免疫力の低下が関係している?

花粉症の症状を抑えたいときには、まずは花粉症の症状を抑える薬を服用すると言う方も多いのではないでしょうか?

花粉症の緩和に効く薬は効果が期待できるものの持続時間が短い為、症状が現れる度に服用するのも薬代がかかり大変かもしれません。

そこで、薬に頼る必要の無い体質を目指して取り組んでいきましょう。

花粉症が悪化する原因として考えられるのが、免疫力の低下です。

花粉症の症状が以前よりも悪化している場合は、免疫力が低下している可能性があり、免疫力を高めることで抵抗力がアップし、花粉症の症状を和らげることができます。

しかし、免疫力があまりにも高すぎると逆に免疫機能が余計に働いてしまうことで症状が悪化する場合もあるので、アスリートが行うような激しい運動を連続で行うのは控えるようにしましょう。

自分の花粉症の種類をチェックしよう

花粉症対策をスタートする前に、確認しておきたいのが自分の花粉症のタイプです。

日本では様々な種類の花粉が年間を通して飛散していることから、自分がどの種類の花粉症なのかを特定することで、その花粉が飛散する時期に向けて対策を開始することができるようになります。

しかし、自分自身で花粉症の種類を特定するのは至難の業かもしれません。

そこで、耳鼻科やクリニックで受けられる花粉症やアレルギーの検査を受診し、どのタイプの花粉症なのかを判定してもらいましょう。

花粉症の検査は20分ほどで終わり、結果はその日に分かる場合が多いので忙しい方でも一度受けてみてはいかがでしょうか?

効果抜群!シーズン突入前から始めたい花粉症対策

花粉症の症状を抑えるには、花粉症の症状が出る前から対策を始めるのがおすすめで、早めに始めるほど効果的です。

そこで、花粉症のシーズンに突入する前から始めておきたい効果抜群の花粉症対策をご紹介します。

1.発酵食品を食べる

免疫力を高める方法として最も効果的なのが、発酵食品を摂取することです。

納豆や味噌、醤油、ヨーグルトと言った発酵食品は栄養価が非常に高く、そして腸内環境に良い影響をもたらす善玉菌を沢山増やすことができます。

善玉菌が増えることで腸内の免疫細胞を活性化し、免疫機能を高めること可能です。

また、発酵食品に含まれている菌には醤油や味噌に含まれている「植物性乳酸菌」と、ヨーグルトやチーズに含まれている「動物性乳酸菌」の2つの種類があり、「植物性乳酸菌」は生きたまま腸に届けられ、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。

一方の「動物性乳酸菌」は生きたまま腸に届けられないものの、善玉菌のエサとなって植物性乳酸菌が腸内に届けられるように促す働きがあるので、2種類の乳酸菌をバランスよく摂るようにしましょう。

2.運動をする

花粉症の症状が悪化する原因の一つに、運動不足による体力の低下が考えられます。

運動をすることで代謝がアップし、免疫力を高めることができ、さらに自律神経も整えられるので、くしゃみや鼻水の症状も軽減されます。

しかし注意したいのが前述した通り、普段行わないような運動をすると筋肉疲労によって免疫力が低下してしまう場合もあるので、日常的に運動をしないと言う方は、ウォーキングや軽いストレッチなどの簡単な有酸素運動を行いましょう。

3.喫煙や飲酒は控える

花粉症の症状が悪化する原因として運動不足の次に考えられるのが喫煙と飲酒です。

タバコの煙は、敏感になっている鼻の粘膜を刺激してしまう場合があり、鼻水やくしゃみなどの症状をさらに悪化させてしまいます。

また、お酒を飲むとアルコールを分解する際に「アセトアルデヒド」と言う有害物質が作られ、この物質にはアレルギーを誘発するヒスタミンを放出させる作用があり、ヒスタミンは鼻の神経を刺激する作用があることから、鼻水やくしゃみを引き起こす原因になります。

どちらも花粉症に悪影響を及ぼしてしまうので、花粉症の時期だけでも控えるようにしましょう。

4.空気清浄機を設置する

花粉症対策は外出時だけでなく、家にいる時もしっかり行うようにしましょう。

自宅で行える花粉症対策としておすすめなのが、空気清浄機の導入です。

空気清浄機は、部屋に持ち込んでしまった花粉を除去する働きがあり、それだけでなくホコリやカビと言ったハウスダスト対策にも効果があります。

空気清浄機で部屋の空気をキレイにすることでアレルギーの症状が緩和されることもあり、花粉症の改善にも効果があると言われています。

花粉症対策で空気清浄機を設置する場合は、花粉症の侵入源ともされる玄関に置くのがおすすめで、玄関に設置することで部屋に花粉が侵入してしまうのを防ぐことが可能です。

青汁は花粉症の緩和に効果的なスーパードリンク!

花粉症の症状を緩和するには、発酵食品を中心としたバランスの良い食生活を心がけて、免疫力を高めていくことが重要がだとお伝えしてきましたが、一人暮らしの方や外食が多いと言う方だと、毎日規則正しい食生活を送るのは少し難しいかもしれません。

そこで取り入れたいのが、手軽に野菜不足を補えることで人気の青汁です。

食物繊維が豊富で、緑葉野菜を絞って作られている青汁には免疫力を高める亜鉛などのミネラル類が豊富に含まれており、さらにデトックス効果によって腸内環境が整われ、善玉菌が増えることで免疫機能が向上し、花粉症の症状を緩和させることができます。

毎日飲めば体質改善も夢じゃない!?

青汁を飲んで花粉症を緩和するには、毎日欠かさず摂取することが重要です。

実際に花粉症の人が青汁を毎日飲んだ結果、症状が緩和されたと言うデータもあり、少しずつ体質が改善されていくのを実感できるかもしれません。

毎日飲むのは少し大変かもしれませんが、最近の青汁は改良によって以前よりも飲みやすく、爽やかな味わいになっているので、抹茶を飲むような感覚で続けることができます。

花粉症だけでなく身体自体も健康にもなれる青汁を習慣的に摂取してみてはいかがでしょうか?

プラセンタで劇的に改善!?花粉症の最新治療法とは?

花粉症は体質を改善することで症状が緩和されることもありますが、根本的に改善したい場合は病院で治療を受けるのがおすすめです。

花粉症の治療法にはレーザー治療やアレルゲン免疫療法、舌下免疫療法などが有名ですが、中でも即効性が高いことで近年注目されているのが「プラセンタ」です。

プラセンタと聞くと、美肌効果や若返り効果など美容効果に優れていると言うイメージがある方も多いかもしれませんが、それだけでなくプラセンタには、免疫機能の向上や解毒作用と言った働きもあることから様々な治療に取り入れられています。

プラセンタ療法の治療には花粉症の改善にも効果がある事が実証されており、その上、他の治療法よりも即効性が高いので、できるだけ早く症状を抑えたいと言う方にも向いています。

しかし、プラセンタの注射は一度でも受けると献血を今後一切することができなくなるので、よく検討をしてから受けるようにしましょう。

また、プラセンタはその他にも様々な摂取方法があり、特に即効性が高く、おすすめなのがプラセンタドリンクです。

プラセンタエキスが含まれているドリンクは、液体なので身体に吸収しやすく、また注射よりもコスパも高く、自宅で気軽に取り入れられると言うメリットがあります。

ちなみに注射以外の摂取方法は、摂取すると献血を受けられなくなると言うことは無いので、今後も献血をしていきたいと言う方は是非プラセンタドリンクを取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

花粉症の症状を緩和するには、症状が出始めてからではなく、花粉症のシーズンに入る前から対策を開始するのが重要だと言うことが、お分かりになられたかもしれません。

薬や治療に頼らなくても、適切な対処を行えば症状を和らげることは可能なので、毎年花粉症でつらい日々を送っていると言う方は、是非、今回紹介した対処法を試してみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事