ストレス緩和に効果的!全米で話題のCBDオイルとは?

ストレス緩和に効果的!全米で話題のCBDオイルとは?

現代社会において不安や緊張と言ったストレスや不眠、精神的疲労などのメンタル面の不調による悩みは、誰しも一度は抱えたことがあるのではないでしょうか?

そのような症状を緩和できる自然療法として、全米で今話題になっているのが「CBDオイル」です。

CBDオイルとは、大麻草を原材料に作られたオイルで、摂取すると幸福感をもたらしてストレスを軽減し、高いリラックス効果を得られると言われており、その上、がんやてんかんの治療にも効果が期待できることから医療でも応用され始めています。

さらに、睡眠の質を高める作用もあることから不眠症改善にも効果的があり、現代人の救世主のような存在と言っても過言では無いCBDオイルですが、大麻と聞くと良くないイメージを抱いてしまい安全性に疑問を感じてしまうかもしれません。

しかし、大麻にはネガティブなイメージだけでなく、場合によっては身体に良い影響をもたらしてくれることもあり、CBDオイルについて知れば知るほど、取り入れたくなってくるかもしれません。

そこで今回は、CBDオイルの基本知識をご紹介します。

CBDオイルとは?

CBDオイルとは、主成分がヘンプ(大麻草)であるカンナビジオール(CBD)が含まれているオイルです。

大麻草には、カンナビノイドと呼ばれる精神作用などの身体を調整する働きを持つ100種類以上の成分が含まれており、CBDはその中の一つで、他にもマリファナの主成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)も有名です。

そのCBDを含んだCBDオイルには、主にリラックス作用やヒーリング効果を目的に取り入れられており、日本ではまだ馴染みがあまり無いですが、新たに台頭したスーパーオイルとして注目されています。

CBDとTHCの違いとは?

大麻草と聞くと取り入れるのに少し抵抗があるかもしれませんが、CBDはマリファナの主成分であるTHCとは似ているようで異なる点が沢山あります。

CBDとTHCはどちらもカンナビノイドの化学物質ですが、決定的な違いが精神作用があるか無いかです。

THCは数百種類あるカンナビノイドの中でも精神を興奮させる作用が一際強く、日本国内ではご存知の通り大麻取締法によって違法になっています。

一方のCBDはマリファナのような幻覚や精神作用を引き起こすことは無く、さらにCBDは依存性になる心配も無いので、ストレスが溜まっていると感じたときに手軽に取り入れられるメリットがあります。

アメリカでは、0.3%未満(ヨーロッパでは0.2%未満)のTHCが含まれた産業用ヘンプが近年合法になり、THCが含まれたCBD製品も数多く発売されていますが、日本国内ではTHCが検出されると輸入許可が下りない為、現在日本国内で発売されているCBDオイルはTHCが一切含まれていません。

また、CBDオイルは食用油のカテゴリに属しており、栄養食品を食べる感覚で摂取することができるので、先入観に囚われずに安心して取り入れることができます。

CBDオイルの歴史

CBDを使用した製品は、2018年後半頃から欧米で登場し始め、アメリカのスーパーではCBDオイルを始め、飲料や化粧品、さらにペット用など、様々なCBD製品が売り場に並んでいます。

発売直後からセレブやヴィーガンなどの健康意識の高い人々を中心にブームを引き起こして幅広い層から支持を得るようになり、現在も欧米では爆発的なヒットになっているようです。

そして、欧米を皮切りに世界各国で人気を集めており、日本でもCBD製品が数多く輸入されるようになります。

日本で発売されているCBDオイルは、アメリカで製造されている物がほとんどで、現地で発売されているものを輸入しているものもあれば、日本向けに製造されているものもあります。

国内でもここ最近、口コミやSNSを中心に話題になってきており、日本でもブーム到来間近かもしれません。

現在もあらゆる分野で研究が続けられているCBDは、歴史はまだ浅いものの急成長を続けており、日本国内においても今後さらに定着していくこと間違いありません。

CBDオイルの効果

CBDオイルには様々な効能があることが判明しており、どれも現代人にとって嬉しい効果が満載です。

気になるCBDオイルの主な効果をご紹介しましょう。

1.ストレスの緩和

CBDの効果の中でも特に効果が期待できるのがストレスの緩和作用です。

不安や緊張と言ったストレスを軽減し、副交感神経を優位にさせて自律神経を整える働きがあり、CBDを摂取することで心拍や血圧も下がり、心身ともにリラックスした状態になります。

また、うつ病などの精神疾患の症状の緩和にも効果があることが確認されています。

2.不眠症の改善

CBDには不眠症や睡眠障害の改善にも効果があります。

中々寝付けなかったり、眠りが浅かったりと、多くの日本人が悩んでいる不眠症ですが、CBDには睡眠の質を高める作用があり、睡眠改善につなげることができます。

3.関節痛の改善

CBDは痛みを和らげる効果もあることから鎮痛剤としての働きも期待できます。

関節痛の改善にも効果があり、その他にも頭痛や筋肉痛にも効果的です。

4.食欲の改善

CBDには、食欲改善効果があることが実証されています。

CBDを摂取することで食欲を増進させることができ、拒食症の緩和にも効果的です。

5.疲労回復効果

抗炎症作用があるCBDには、身体の疲労回復を迅速に促す疲労回復効果があります。

経口摂取でも効果がありますが、痛みを感じる患部に直接CBDオイルを塗っても効果が期待できます。

6.アトピーの改善

CBDオイルはアトピー性皮膚炎の新たな治療法として注目されています。

実際にCBDオイルを取り入れてからアトピーが改善したと言う声もあり、CBDに含まれている抗菌作用や抗炎症作用によって根本的な改善が期待できます。

CBDオイルの摂取方法

CBDオイルの効果を取り入れる前に、まずは摂取方法をチェックしましょう。

いくつかの方法があるので、自分が取り入れやすそうな方法を優先して選んでみてください。

1.経口摂取

最もスタンダードな摂取方法が経口摂取です。

その名の通り口から摂取をする方法で、CBDオイルやその他のCBDが含まれた食品は基本的に経口摂取で取り入れます。

効果が現れるのは比較的遅めですが、その分持続時間が最大で8時間もあり、少しでも効果を長く持たしたいと言う方に適した摂取方法になります。

2.舌下摂取

CBDオイルは液体なので舌下摂取も行うことが可能です。

舌下摂取は経口摂取と似ていますが、違うのは投与する場所で、CBDオイルを舌の下に垂らして吸収させます。

吸収されると毛細血管に入り、消化器官や肝臓を通って血液内に届きます。

経口摂取よりも効率的に体内に吸収することができ、効果自体も経口摂取よりも高い期待ができます。

3.皮膚に塗る

CBDオイルは口から投与する方法以外にも皮膚に直接塗っても効果が期待できます。

皮膚に塗る方法は即効性が高いですが、効果は全身に行き渡りにくい為、局所的な使用がおすすめです。

さらに抗炎症効果も期待できるので、ニキビなどの吹き出物の治療にも効果的です。

摂取方法によって生体利用効率が変わる!?

CBDを取り入れる上で知っておきたいのが生体利用効率です。

これはCBDが体内に侵入した際に利用される効率を表す指標のことで、今回取り上げた摂取方法の中では舌下摂取が最も高く15~35%ほどあります。

次点で生体利用効率が高いのが皮膚に塗る経皮摂取で、3つの中では経口摂取が比較的低くなっています。

生体利用効率は個人差があり、またその日の体調によっても変化する場合もあります。

一度、すべての方法を試してみるのがおすすめで、その後は自分と相性が良さそうな摂取方法を選んでみて下さい。

CBDオイルの注意点

CBDオイルにはいくつかの注意したい点があり、必ず目を通して注意事項を守って取り入れましょう。

CBDオイルに関する、特に重要な注意点をご紹介します。

多量摂取はNG!

CBDオイルは、多量に摂取をしても効果が高くなると言うことは現時点で実証されておらず、推奨摂取量を超える量を摂取すると逆に身体に負担がかかる場合もあるので注意しながら取り入れましょう。

また、CBDの推奨摂取量は製品によって異なる場合もあります。

1日当たりの推奨摂取量はパッケージに記載されていることが多いので、摂取する前に必ず確認しましょう。

摂取を控えたほうがいい人は?

CBDオイルは安全性自体は実証されていますが、人によっては摂取を控えた方がいい場合もあり、特に妊婦さんや授乳中のママ、お子さんは控えるようにしましょう。

また、持病がある方や処方されたお薬を服用していると言う方は、医師に必ず相談するようにしてください。

摂取後に車の運転はNG!

CBDオイルにはリラックス作用があり、さらに人によっては眠気が現れることもあります。

その為、車の運転に支障が出てしまう恐れがあり、車を運転する予定がある場合は運転前のCBDオイルの摂取は控えるようにしましょう。

まとめ

CBDオイルについてご紹介してきましたが、意外に安全性も高く、尚且つ手軽に摂取が可能なので、常備をしておけばいざと言うときに重宝してくれるかもしれません。

ストレスや不安、不眠症を改善する方法は沢山ありますが、身体や心のバランスと大きく関わりのある自律神経は、一度乱れると整えるのにかなりの時間を要してしまうこともあります。

だからこそCBDオイルを取り入れて、前向きでポジティブな自分を取り戻してみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事