ダイエットにも効果的!簡単にできる冬の代謝アップ講座

ダイエットにも効果的!簡単にできる冬の代謝アップ講座

寒くなればなるほど外出する頻度も減り、家でじっとしていることが増えてくるかもしれません。

その上、冬は美味しい旬の食材が沢山あるので、油断をしているとうっかり食べ過ぎて冬太りになりやすく、年末年始が過ぎると体重が大幅に増加していてショックな思いをした経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか?

しかし、意外にも1年の内でも冬は気候的にも痩せやすい季節になっており、その理由は基礎代謝が関係しています。

冬は基礎代謝量が上がりやすい傾向にあり、基礎代謝をアップさせるほど痩せやすい体質になれることから、ダイエットするにもうってつけのチャンスと言っても過言ではありません。

そこで今回は、簡単に行うことができる冬の代謝アップ講座をご紹介します。

冬は結局太りやすい?痩せやすい?

冬は他の季節よりも太りやすいと聞いたことがあると言う方も多いかもしれません。

確かに、冬はクリスマスや忘年会、お正月など1年の内の中でも特に様々なイベントが立て続けに目白押しの為、いつも以上にボリューム感のある高カロリーの料理を食べる機会も増えるかと思います。

それだけでなく、日中は比較的ポカポカとした陽気でも、夕方以降になると一段と冷え込むので他の季節よりも外出時間が減る傾向にあり、運動不足になりやすい事から体を動かす機会が減少し、太りやすくなると言われています。

このような条件から、冬は夏よりも太りやすく思ってしまいますが、実は冬は一年の内でも痩せやすい季節になっており、最大の理由が基礎代謝にあります。

基礎代謝とは、人間が生命活動を行う為に消費しているエネルギーのことで、基礎代謝量は季節によって変動し、冬は他の季節よりも平均的に基礎代謝量が高くなると言われています。

冬になると基礎代謝量が高くなる理由は、気温が低くなる事で冷えた身体を守る為に熱を産生し、体温を調節することで体温維持を行い、この際にエネルギーの消費が増える事から基礎代謝量がアップしやすくなっており、基礎代謝量が高いほど痩せやすい体質になれると言われている為、冬はダイエットに適した季節とも言えます。

その為、冬は油断をしていると太ることもありますが、基礎代謝をアップすれば痩せやすくもなります。

基礎代謝をアップをして冬太りを予防!

基礎代謝がアップすると、筋肉の活動量が増えることで免疫力が高まったり、冷え性の改善や肌トラブルの改善など様々なメリットを得られて良い事尽くめですが、なんと言っても最大の効果は前述した通り痩せやすい体質になれることです。

“冬太り”と言うワードがある通り、冬は様々な食の誘惑が迫って来ますが、ここでしっかりと基礎代謝量を低下させないように心掛けておくことで、冬太りを回避することができます。

また、基礎代謝をアップして痩せやすい体質になれることで、効率的にダイエットができるようになり、この時期はダイエットをスタートする絶好のチャンスでもあります。

夏の時期にダイエットに失敗してしまったと言う方でも、基礎代謝量の向上よって成功できる可能性が高くなるので、諦めずに再チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

簡単にできる冬の代謝アップ講座:食事編

基礎代謝量を増やすには様々な方法がありますが、中でも効果的なのが、代謝アップが期待できる料理や食材を取り入れることです。

これから紹介する食材を毎日の食生活に取り入れて代謝アップを目指してみましょう。

朝食にはスープや汁物を取り入れる

朝食は栄養バランスのとれた献立を心掛けるようにし、朝からエネルギーを蓄えましょう。

さらに温かい汁物やスープを取りれると身体が温まることで体温が上がり、代謝アップが期待できます。

代謝アップ食材”生姜”を活用する

生姜に含まれている辛味成分であるジンゲロールやショウガオールには発汗作用があり、料理に生姜を取り入れることで代謝を高めることができます。

血行促進作用もあるので冷え性の改善にも効果的です。

ニンニク・玉ねぎ・ニラ・ネギなどの”硫化アリル”を含んだ食材を取り入れる

ニンニクや、玉ねぎ、ニラ、ネギ、らっきょうには、「硫化アリル」と言う辛み成分が含まれています。

この辛み成分には、抗酸化作用や疲労回復作用と言った効果に加え、血液をサラサラにする作用があり、血行促進をサポートします。

さらに糖質のエネルギー代謝を高めるビタミンB1の吸収を高める働きがあり、ビタミンB1が含まれている豚肉や豆腐などと合わせて摂るのがおすすめです。

白湯を飲む

白湯を1杯飲むとすぐに内臓が温まり、基礎代謝を高めることができます。

白湯は、朝食前や食後、就寝前に飲むのがおすすめで、1日に何度か飲むことで効率的に基礎代謝をアップできます。

簡単にできる冬の代謝アップ講座:日常生活編

食事だけでなく、毎日の日常生活においても、生活習慣を少し変えてみるだけで代謝量を増やすことが可能です。

どれも手軽に行えるものばかりなので実践してみましょう。

厚着はNG!

寒く感じるほど沢山着込んで体を温かくしたくなりますが、実は厚着にすればするほど、身体から冷えを守る為に熱が産生されにくくなり、体温が調節されなくなるので基礎代謝量が低下すると言われています。

冷えから身体を守るのは大切ですが、厚着になりすぎない程度に何枚も重ね着をするのは控えるようにし、適度に防寒対策を行うようにしましょう。

適度な運動をする

寒い時期は、基礎代謝量が上昇傾向にある為、他の季節よりも手軽に基礎代謝を上げることができる事から、スクワットや腕立て伏せと言った筋トレを数分間行うだけでも十分に効果が期待できます。

激しい運動が苦手な方は、階段の上り下りやウォーキングと言った手軽に行える有酸素運動をして、身体を動かす機会を増やしましょう。

姿勢を正す

姿勢を悪くしていると筋肉や関節が歪み、これによって内臓が下垂します。

内臓が下がるほど内臓機能の働きが低下し、筋肉も使われなくなる事で基礎代謝量も低下すると言われています。

内臓を正常な位置でキープするには、背筋を伸ばして常に正しい姿勢を心掛けて行動しましょう。

入浴をする

気温が低い冬は他の季節よりも身体が冷えやすい為、1日1回は入浴をするようにしましょう。

シャワーだけでは身体が温めることはできない為、湯舟にしっかりと浸かって身体の芯まで温めてください。

“酵素ドリンク”ファスティングでさらに代謝をアップ!

基礎代謝は内臓と大きく関わりがあり、内臓が正常に働いていると基礎代謝量を増やすことができますが、老廃物や毒素などが溜まっていると内臓の動きが弱まり、基礎代謝量も低下するので太りやすい体質になってしまいます。

そこで、定期的に行いたいのがデトックス効果があるファスティングです。

ファスティングは内臓を一時的に休ませ、体内に溜まっているあらゆる毒素を排出(デトックス)をして体を一旦リセットすることを目的にした所謂プチ断食で、腸内環境を改善できるだけでなくダイエット効果も期待できます。

断食なので、ファスティング中は固形物を摂取することは基本的にできませんが、一般的なファスティングでは、水に加えて酵素ドリンクを取り入れることが多く、豊富な栄養素が含まれている酵素ドリンクを飲むことで栄養不足を補うことができ、さらに腹持ちが良いので酵素ドリンクを飲むことで空腹感を抑えることも可能です。

酵素ドリンクの選び方

酵素ドリンクを選ぶ際には、安全で高品質の物を選ぶのがおすすめで、特にファスティングに取り入れる際にはモチベーションを低下させない事が何よりも重要なので、できるだけ美味しい酵素ドリンクを選ぶようにしましょう。

これから初めて酵素ドリンクを取り入れたいと言う方におすすめなのが、「無添加酵素飲料 マリッカエンザイム」です。

この酵素ドリンクの特徴は、発酵する際に酵母菌と15種類の植物性乳酸菌を使用していることで、乳酸菌には、免疫量を高める働きや腸内環境の改善、そして酵母菌には毒素を排出する働きや腸内で糖質を発酵して酵素を生成し、血糖値を抑制する働きがあります。

さらに、「マリッカエンザイム」は、安全性にもこだわりがあります。

身体に悪影響をもたらす着色料や甘味料と言った添加物を一切使用しておらず、品質にこだわって作られているので安心して取り入れることが可能です。

また、添加物不使用なので一見飲みにくそうに思えますが、天然素材で味を調整しているので酵素ドリンクとは思えないスッキリとした味わいで、美味しく飲むことができます。

ファスティングを行う際にはもちろん、習慣的に取り入れれば腸内環境を常に整ることができ、さらに美肌効果も期待できるので、毎日飲むことで肌トラブルの無い健康的な肌に導いてくれます。

代謝をアップできるだけでなく、身体に様々な良い影響を与えてくれる「無添加酵素飲料 マリッカエンザイム」を、是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

冬におすすめの基礎代謝をアップする方法は意外にも沢山あり、尚且つどれも気軽に行える物ばかりなので、忙しい方でも取り入れられそうなものがあったのではないでしょうか?

今回紹介した物の中では、食事編で紹介した食材や「適度な運動をする」、「白湯を飲む」、「入浴をする」などは冬以外の季節にも実行できるので、是非取り入れてみましょう。

そして、クリスマス~年末年始にかけては気が緩んでしまいがちの為、代謝アップ対策を忘れずに取り入れるように心掛けて行動してみてくださいね。

これまで基礎代謝を気にしていなかったと言う方も、この冬からは意識して生活をしてみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事