青汁と一緒に飲んでも絶品!甘酒の美味しい飲み方と知られざる健康&美容効果

青汁と一緒に飲んでも絶品!甘酒の美味しい飲み方と知られざる健康&美容効果

控えめな甘さとスッキリとした後味で、一口飲んだら止まらなくなってしまう口当たりの良さで人気のある甘酒。

古来から日本で親しまれている甘酒はここ数年でさらにブームになってきており、人気の理由は甘酒に含まれた健康効果や美容効果で、”飲む点滴”と言われている程、甘酒には様々な効能があり、近年では甘酒好きな若年層も増えてきていると言われています。

そんな注目度抜群の甘酒ですが、昔一度飲んだだけと言う方や、甘酒自体まだ一度も飲んだことが無いと言う方にとっては、どのように飲めばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、甘酒を美味しく飲む方法や、これを知ったら飲みたくなること間違いないの、甘酒に含まれた健康&美容効果をご紹介します。

甘酒とは?

甘酒の歴史は古く、古墳時代まで遡ります。

古墳時代の頃には天甜酒と言う名で飲まれており、その後平安時代までは貴族が飲む特別な飲み物として愛飲されていました。

江戸時代の頃になると、庶民にも根付くようになり、夏になると甘酒売りが江戸の市中を売り歩いていたと古文書に記述されています。

甘酒売りは夏の夜だけ売っていたことから、夏の飲み物として定着していきますが、江戸時代中期になると冬にも売られるようになり、その後現在に至るまで、甘酒は四季に関係無く飲まれるようになりました。

酒粕甘酒と米麹甘酒の違い

甘酒には「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」の2つの種類があります。

「米麹甘酒」は麹(こうじ)とお米から作られており、ほんのりと甘さを感じる事ができます。

甘さの正体は米のでんぷんが糖化したブドウ糖で、その他にも必須アミノ酸やビタミンB群など様々な栄養素が含まれていることから、飲む点滴とも言われています。

もう一つの「酒粕甘酒」は、日本酒を作る工程で出来る酒粕を原料にして作られた甘酒で、酒粕があれば自宅で簡単に作ることもできます。

米麹に酵母菌を加え、発酵して作られた酒粕には、様々な栄養成分が含まれており「米麹甘酒」同様に様々な効能があります。

甘酒ってお酒?

甘酒は”酒”と言う字が含まれているのでお酒に思いがちですが、アルコールが含まれているのは酒粕から作られている酒粕甘酒のみで、麹と米から作られた米麹甘酒にはアルコールは含まれておりません。

その為、ノンアルコールの米麹甘酒は、赤ちゃんでも離乳食後期頃から飲むことができ、最近では甘酒を飲むことで効率的に栄養を摂れることから、幼い頃から子どもに甘酒を与えていると言う親も増えてきています。

アルコールが含まれている酒粕甘酒は、8%のアルコールが含まれている酒粕を使用して作られていますが、
お湯で溶くことでアルコールが飛び、アルコール分が減少します。

自家製の酒粕甘酒はそれでも5.5%のアルコールが残ると言われていますが、市販で売られている酒粕甘酒は、アルコールが1%未満になっており、自家製と市販でかなりの差があることを知っておきましょう。

甘酒の健康&美容効果

「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」の2種類の甘酒には、どちらも様々な効能があり、毎日飲むことで健康的な身体を作ることができます。

さらに、美容に関する効果も多いことから最近では男性よりも女性の方が甘酒を飲んでいるとされており、美容ドリンクの代わりに甘酒を取り入れているモデルさんも多いと言われています。

そんな甘酒の健康&美容効果の数々をご紹介しましょう。

疲労回復効果

疲れた時は甘酒が良いと聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんが、米麹甘酒には、疲労回復に役立つブドウ糖やビタミンB群が含まれており、特に脳の疲労回復に効果的です。

集中力アップ

米麹甘酒に含まれているブドウ糖は、脳の唯一のエネルギー源でもあり、ブドウ糖を摂ることで脳の働きが高まり、集中力をアップさせることができます。

勉強や仕事に集中したいときにおすすめです。

美肌効果

米麹甘酒には、高い抗酸化作用を持った「エルゴチオネイン」と言う成分が含まれています。

さらに、シミの元でもあるメラニン生成を抑制する作用のある「麹酸」も含まれており、様々な美肌効果が期待できます。

美髪効果

甘酒に含まれている「ビオチン」と言うビタミンB群には、健康で美しい髪を作る美髪効果があり、髪だけでなく皮膚や爪をサポートする働きもあります。

ビオチンは米麹甘酒と酒粕甘酒どちらにも含まれていますが、米麹甘酒の方が多く含まれています。

免疫力アップ

米麹甘酒に含まれている麹菌は善玉菌の餌となり、これによって腸内環境のバランスが整えられて免疫力のアップが期待できます。

寒くなると体調を崩しやすいと言う人にもおすすめです。

ダイエット効果

米麹甘酒には、脂肪燃焼をサポートする「リジン」と言うアミノ酸が含まれており、ダイエット効果が期待できます。

ダイエットに取り入れる際には、間食を甘酒に置き換えるダイエットがおすすめです。

夏バテ解消

甘酒は、江戸時代では夏バテ対策に効果的な飲み物として飲まれており、ブドウ糖、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれている甘酒は、現代においても夏バテ解消・予防ドリンクとして効果的です。

リラックス作用

米麹甘酒に含まれている「パントテン酸」には、ストレスを軽減させるリラックス作用があります。

また、副交感神経を高める働きもあるので、寝る前に飲むことで睡眠の質を上げることもできます。

市販の甘酒を美味しく効果的に飲む方法

市販の甘酒を美味しく飲むにはレンジ温めるのがおすすめで、レンジで温める際には電子レンジ対応の容器に移してから温めて下さい。

また、ここで注意したいのが温度です。

甘酒に含まれている麹の酵素は60度以上だと失活する為、温めすぎてしまわないようにしましょう。

温度計がある場合は、少しずつ計りながら温めるのがおすすめです。

甘酒は朝に飲むのがおすすめ

甘酒は夜に飲むと言う方が多いですが、おすすめの時間帯は意外にも朝食時です。

米麹甘酒には、脳のエネルギー源でもあるブドウ糖が含まれているので朝に飲むことでエネルギーが補給され、勉強や仕事の効率を良くすることができます。

1日に飲んでいい甘酒の摂取量は?

甘酒はダイエット効果はありますが、糖質が含まれている飲み物なのでカロリーが高く、大量に摂取をするのはよくありません。

1日に飲んでも大丈夫な摂取量は200ccで、コップ1杯ほどの量です。

なるべく一気に飲むのではなく、何回かに分けて飲むようにしましょう。

甘酒のおすすめ絶品アレンジ

甘酒はそのままで飲んでも十分に美味しいですが、様々な物と合わせてもおいしく飲むことができ、アレンジすることで様々な味のバリエーションを楽しむこができます。

そこで、甘酒のおすすめ絶品アレンジをご紹介します。

青汁

緑葉野菜を絞って作られている青汁には様々な栄養が含まれており、甘酒と同様に健康効果やダイエット効果、美容効果も期待できます。

甘酒と一緒に飲む際には、牛乳または豆乳を加えるのがおすすめで、まろやかな味わいを楽しめます。

バナナ

甘酒は様々な果物と相性が良いですが、特に人気なのがバナナとの組み合わせです。

バナナ、甘酒、豆乳を加えてミキサーなどで混ぜ合わせば、甘酒の風味が香るバナナスムージーが完成します。

生姜

冷えた身体を温めたいときにおすすめなのが、生姜×甘酒です。

温めた甘酒にすりおろした生姜を1かけほど加えるだけで作れるので、是非お試しください。

甘酒の注意点

甘酒は健康に良い物ですが、甘酒を飲む際には気を付けておきたい注意点がいくつかあります。

飲む前には、以下の事に注意するようにしましょう。

甘酒を飲んだ後に運転はNG!

アルコール分が含まれている酒粕甘酒は、市販の場合はアルコール分はおよそ1%未満の場合が多いですが、自家製の甘酒は5.5%のアルコール量が含まれていることもあります。

アルコールに弱い人は酔ってしまう場合もあり、さらに市販のほんのわずかな量のアルコールでも人によってはアルコール反応を起こす場合があります。

その為、甘酒を飲んだ後に運転を行うと飲酒運転とみなされてしまう為、運転することはできません。

自宅以外の場所で飲む際には、十分に注意するようにしましょう。

お子さんが飲む際には原材料をチェックする

前述した通り、甘酒は酒粕を原料に作られた「酒粕甘酒」にはアルコール分が含まれていますが、米麹を原料に作られた「米麹甘酒」にはアルコールが含まれておりません。

甘酒は一般的にお酒ではなく清涼飲料に分類されることが多いですが、お子さんや未成年以下の方はなるべく酒粕甘酒の摂取は控えるようにして米麹甘酒を飲むようにし、購入前にアルコールが含まれていないか必ず原材料を確認するようにしましょう。

添加物入りの甘酒は避ける

市販されている甘酒の中には、米と米麹の原材料だけでなく保存料や人口甘味料などの添加物が含まれている場合があり、添加物入りの甘酒は健康効果を得られにくくなるデメリットがあります。

また、甘くする為に砂糖を加えている物もあるので、スーパーやコンビニで甘酒を買う際には必ずパッケージで内容表記を確認するのがおすすめです。

まとめ

今回は甘酒の効果や飲み方をご紹介してきましたが、甘酒が持つ効能を知れば知るほど、古くから日本人に夏バテ防止や疲労回復ドリンクとして親しまれていたと言うのも頷けるかもしれません。

しかし、週に1度や2度の頻度で飲んでいると効果が出にくく、効果を得るには続けて飲むことが重要なので毎日1杯は欠かさず飲むようにしましょう。

みなさんも、美味しい甘酒を習慣的に飲んで健康な身体と美肌を目指してみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事

CBDで食欲が湧く!?食欲を増進させる方法

CBDで食欲が湧く!?食欲を増進させる方法

  • CBD
  • 美容

更新日:2021年05月13日

体調が優れない日や暑さでバテてしまったときは、食事が進まなくなったり、喉がいつもよりも通りにくくなったりと、食欲が思うように出なくなってしまったことは誰しも経験…続きを読む

プラセンタは美容以外の効果もすごい!

プラセンタは美容以外の効果もすごい!

  • プラセンタ
  • 美容

更新日:2020年10月08日

驚異的な若返り効果や美肌効果で注目されている美容成分「プラセンタ」。 プラセンタと聞くと美容効果が期待できるというイメージがありますが、美容効果だけでなく他にも…続きを読む