仕事中や移動中にできる!簡単”ながらダイエット”のやり方

仕事中や移動中にできる!簡単"ながらダイエット"のやり方

年齢を重ねるにつれて人は太りやすい体質になるとされており、少し気が緩んでしまっただけで脂肪がついてしまうこともあります。

太ってしまった分はダイエットをして元に戻せばいいと安易に考えてしまいがちですが、ダイエットを成功させるには時間をかけて真剣に取り組む必要があり、仕事や家事で忙しいと言う方は中々ダイエットに集中する時間を作ることは難しいかもしれません。

ダイエットは毎日の積み重ねがとても重要になってくる為、モチベーションがあってもダイエットに取り組む時間を確保できなければ台無しになってしまいます。

ですが、毎日の習慣を少し変えてみたり、空いた時間に数分間ストレッチするだけでもダイエットを行うことができ、様々な”ながらダイエット”を行うだけでも、上手くいけば痩せることが可能です。

まとまった時間を作れないと言う方でも、ながらダイエットをスタートしてコツコツ続けていけば理想の体重に近づくことも夢では無いかもしれません!

そこで今回は、移動中や仕事や家事をしながらでも行える、ながらダイエットのやり方をご紹介します。

ながらダイエットとは?

ながらダイエットとは、ダイエットをやりたい!と言う思いがあっても、ジムに行く時間が無かったり、仕事や家事、子育てなどで中々自由な時間を作れないと言う方におすすめのダイエット方法です。

隙間時間や移動中に行えるお手軽なダイエットに加えて、仕事や家事などを行っている最中に行える、正に”ながら”で出来るダイエットもあり、毎日忙しいと言う方でも自分のペースで無理をしないで行うことが可能です。

ながらダイエットはリバウンドのリスクが低い!?

ながらダイエットはどれもお手軽に行えるものばかりで、習慣的に取り入れるように心掛けて生活の一部にしてしまえば、途中でモチベーションが低下してしまう心配が無く、1度成功後にリバウンドしてしまう可能性も低くなります。

さらに、本格的なダイエットの場合だと予め期間を決めたり、無理な食事制限を行ったりとハードな内容になりがちですが、ながらダイエットなら毎日好きな時間に取り入れることができ、それぞれのペースで行うことができるので焦ってしまう心配もありません。

自由なペースで行えるダイエットで本当に効果を得られるのか疑問に思うかもしれませんが、ながらダイエットは一定期間ではなく、毎日欠かさず継続して行っていくことで痩せやすい体質に改善することを目指していくタイプのダイエットです。

そのため、即効性が高いダイエットではありませんが、時間をかけて行えば確実に効果を出すことができます。

ながらダイエットでくっきりウエストが手に入る!

若い頃はくっきりとしたくびれのあるウエストが自慢だったと言う方でも、ストレスなどによって暴飲暴食を続けているとお腹周りが太りやすくなり、年を重ねるにつれて下っ腹がどんどん出てきてしまうことも・・・。

最近、ぽっこりとお腹が出てきて悩んでいると言う方でも、ながらダイエットをコツコツと続けていることでくびれのある若々しいウエストが復活するかもしれません。

おすすめの”ながらダイエット”6選

仕事中や家事中、移動中や休憩中など、何かをしながら行うことができる、おすすめのながらダイエットをご紹介します。

時間が無いけどダイエットをしたいと言うときに是非取り入れてみてください。

椅子に座りながらできる腹筋ストレッチ

椅子に座りながら出来る、仕事中にもおすすめの腹筋を鍛えられるストレッチです。

やり方は背筋を伸ばしながら椅子に座り、このとき両足は揃えておきます。

そして、片足ずつ足を少し浮かせてこれを15秒キープしましょう。

15秒経過したらゆっくりと浮かせた足を降ろし、これを両足で何度か繰り返してください。

この動作を行うことで腹筋を鍛えることができます。

つま先立ちトレーニング

電車内や立ち仕事などをしているときにおすすめなのが、つま先立ちトレーニングです。

つま先で立つことでふくらはぎが刺激され、足首~ふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。

やり方は足の指を広げた状態で、それぞれの指に体重をかけながらつま先立ちをし、5秒間キープします。

そして、ゆっくりと降ろして、これを10回ほど繰り返して行ってみましょう。

電車内で行う時は、安全の為に必ずつり革などにつかまって行うようにしてください。

階段トレーニング

外出中には、エスカレーターやエレベーターの利用は極力避けるようにし、なるべく階段を使うようにするだけでも立派な有酸素運動になり、カロリーを消費して、足腰を鍛えることができ、筋肉が衰えるのを防ぐことができます。

なお、階段は上るだけでなく下りでも十分にカロリーを消費できるので、上るのがキツイと言う方はまずは下りから始めてみましょう。

早歩きで歩く

普通の速さで歩くよりも、早歩きをした方がカロリーを消費することができ、さらに歩幅を広げて歩くことでより一層運動量を増やすことができます。

慣れてきたら、鼻から吸って大きく息を吐く腹式呼吸をしながら、肩甲骨を意識して腕を振りながらウォーキングしてみましょう。

歩きながら腹式呼吸をするコツは、4歩歩いている間に鼻から息を吸いお腹を膨らませ、次に4歩歩く間に口から息を吐き、お腹をへこませてください。

間食ダイエット

休憩中や移動中にサクッと行える間食は、一見ダイエット中にはやってはいけない行為に思いがちですが、間食する内容によっては栄養を摂ることができ、さらに長時間の空腹を抑えて血糖値の上昇を緩められることからダイエットにも効果的です。

間食には、なるべく甘くない物を摂るのがおすすめで、たんぱく質や食物繊維などの豊富な栄養素が含まれた物を取り入れてみてください。

代謝を上げる飲み物を飲む

仕事終わりや家事を済ませた後など、何かをやり終えた後は飲み物で渇いた喉を潤わせるかもしれませんが、飲み物の種類によっては身体を想像以上に冷やしている場合があります。

ジュースやお酒、スポーツドリンク、カフェインが含まれている物はホット・コールド問わず身体を冷やしてしまうと言われており、代謝を悪くしてダイエットを妨害します。

一方で水や白湯、緑茶、ルイボスティー、砂糖が含まれていないココアなどの飲み物は基礎代謝アップが期待でき、血流をよくして痩せやすい身体に導いてくれるので、これらの飲み物を優先して飲むようにしましょう。

ながらダイエット+青汁で確実に痩せられる!?

ここまで様々な”ながらダイエット”をご紹介してきましたが、確実にダイエットの効果を出すには、運動やストレッチだけでなく間食や飲み物などの食生活も重要だと言うことを認識したかもしれません。

ダイエットには水や緑茶と言った代謝を上げる飲み物がおすすめだと紹介してきましたが、ながらダイエットと合わせて取り入れたい飲み物としておすすめなのが、健康に良い飲み物としておなじみの「青汁」です。

青汁は栄養満点の緑葉野菜を絞って作られていることから、手軽に野菜不足を補うことができ、毎日欠かさず飲むことで健康に暮らしていけると言われています。

しかし、意外に知られていませんが、一口に青汁と言っても実は様々な種類が存在します。

使用している緑葉野菜の種類によって得られる効果が異なり、青汁を適当に選んでしまうと効果をあまり得られずに後悔してしまう場合もあります。

そこで、これからダイエット目的で青汁を取り入れたいと言う方におすすめなのが「杜仲の青汁」です。

杜仲の青汁とは、世界的にも珍しい一科一属一種である杜仲の樹木から摘み取られた”杜仲緑葉”を粉砕して作られている青汁で、身体に良い影響をもたらす様々な効果が秘められていることで近年注目されています。

杜仲の青汁には、美白効果や抗酸化作用のある「タンニン」、美顔効果や貧血予防効果のある「クロロフィル」、血行促進や副交感神経を高める働きのある「ゲニポシド酸」と言った栄養成分から、健康に生きていくために欠かすことのできないカルシウムや鉄、リン、食物繊維なども豊富に含まれており、身体の美容や健康をサポートしてくれる成分が満載です。

そして、杜仲の青汁にはそれ以外にも、ダイエット効果が期待できる成分もいくつか含まれています。

ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」は、脂肪の燃焼を促し、脂肪が蓄積されるのを抑制する働きがあり、脂肪が溜まる原因となる血糖値の上昇を緩める作用もあります。

さらに「アスペルロシド」と言う成分もダイエット効果が期待でき、この成分は内臓脂肪を低下させると共に、コレステロール値や血糖値を下げる働きが期待できます。

このように杜仲の青汁には、他の種類の青汁には無い様々な効果が目白押しで、ながらダイエットに加えて杜仲の青汁を取り入れることで、さらに健康的に痩せることが可能になります。

添加物一切不使用で安心感もあり、抹茶のようなまろやかな味わいで青汁が苦手な方でも飲むことができる「杜仲の青汁」を、ダイエットの効果をさらに高めたいと言う方は是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は様々な「ながらダイエット」のやり方をご紹介してきましたが、もちろん毎日全てを行う必要は無く、自分が無理なくできそうな物だけでも大丈夫です。

ダイエットが初めてと言う方や久しぶりにダイエットにチャレンジすると言う方は、自分がやりやすそうな物を選び、1日1~2つから始めて余裕が出てきたらどんどんダイエットの種類を増やしていくようにしましょう。

誰でも簡単に行える”ながらダイエット”にみなさんも是非挑戦して、くびれのあるスリムな身体を目指してみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事