ファスティングでスッキリ改善!?効果的な胃もたれ解消法&予防策

ファスティングでスッキリ改善!?効果的な胃もたれ解消法&予防策

仕事仲間との飲み会や親しい友人との食事会などの複数人で食事する際は、羽目を外してお酒を沢山飲んだり、必要以上に食べ過ぎてしまうものですが、翌日になって胃もたれや二日酔いをしてしまい深く反省してしまうといった経験は誰もが一度はあるかもしれません。

胃もたれは胃に負担のかかる食べ物を沢山食べたり、アルコールやカフェインを過剰摂取したときなどの主に暴飲暴食が原因とされていますが、体質によっては吐き気や胸焼けといった症状が出てくることもあり、しばらくの間様々な胃の不快感に悩まされることになります。

胃もたれは年齢を重ねるにつれて引き起こりやすくなりますが、胃の状態によっては年齢に関係なく起こることもあり、胃もたれを予防するには胃もたれしにくい丈夫な胃腸を作っていくことが大切です。

そこで今回は、即効性が期待できる胃もたれの解消法や、胃もたれを防ぐ予防策をご紹介します。

胃もたれとは?

胃もたれとは、胃のぜん動運動や消化機能の低下によって胃が一時的に重く感じる症状のことを指します。

通常では食べ物を口から摂取すると食道を通った後胃に蓄えられ、その後に消化が行われ、どろどろになった食物は十二指腸へ流れていきますが、胃もたれになっているときは、胃が正常に働いておらず、消化不良に陥っている可能性があります。

胃もたれは、食事後や暴飲暴食をしてしまった翌日に症状が現れる傾向にあり、時間が経過すると症状が落ち着ついてきますが、胃の不調が続くと「急性胃炎」や「慢性胃炎」に罹ることもあり、さらに深刻な胃の病気に罹患してしまう場合もあることから、普段から胃を気にかけるようにし、胃もたれを起こしにくい丈夫な胃を目指して取り組んでいきましょう。

胃もたれする原因は?

胃もたれしている時は、様々な原因により胃の活動が弱まっており、胃がSOSを発信していると思っておきましょう。

そこで、胃の活動を妨げる原因の一例をご紹介します。

加齢による胃の老化

胃もたれを引き起こす原因として特に多いのが胃の老化によるものです。

加齢によって胃の機能が低下がすることで消化力が弱まったりと胃が正常に働くことができなくなり、これにより胃に不快感を感じることが増えてくるようになります。

さらに加齢が進行すると胃を活動させるために必要な胃粘液と胃液の分泌量も少なくなります。

胃粘液と胃液が減少すると免疫力の低下を引き起こしたり、イライラしやすくなったりと、胃もたれの症状を悪化させる原因にもなります。

ストレス

消化された食物は、胃のぜん動運動によって胃の出口まで運ばれていきますが、ぜん動運動は自律神経と大きく関わりがあり、自律神経のバランスが正常に整われていない場合はぜん動運動の働きが低下してしまいます。

自律神経が乱れる原因は様々ですが、現代では特にストレスによる乱れが非常に多く、イライラすることが多いほど胃の不快感も増していき、結果的に胃もたれに繋がります。

消化しにくい食べ物の過剰摂取

私たちが普段口にする食べ物には、消化しやすい食べ物と消化しにくい食べ物があります。

消化しやすい食べ物は、食物繊維が少ない野菜や魚、発酵食品、パンや米などの炭水化物などで、一方で消化しにくい食べ物には、食物繊維が多い野菜、焼肉、油を使った揚げ物料理などの脂質の多い食べ物が消化しにくくなっています。

消化しにくい食べ物を過剰摂取は胃に負担がかかり、消化不良を引き起こす為、過剰に摂取してはいけません。

胃もたれの解消法

今すぐ胃もたれを治したいという方は、これから紹介する解消法を実践してみましょう。

胃もたれの症状を即効で解消できる方法をご紹介します。

消化の良い物を摂る

胃もたれを一刻も早く解消するには、これ以上胃に負担をかけないようにし、胃もたれが治まるまで消化に良い食べ物だけを摂るようにしましょう。

例としてヨーグルトや白身魚、豆腐、煮込みうどん、お粥などで、なるべく温かい物を食べるようにしてください。

右半身を下にして寝る

消化された食物は十二指腸に流れていきますが、十二指腸は身体の右寄りに位置しており、通る際に左から右に向かって流れていきます。

そのため、右半身を下にして寝ることで流れが良くなり、スムーズに送り届けられます。

ちなみに、胸やけのときはその逆で左半身を下にして寝ると胃酸が逆流するのを防ぐことができ、胸やけの原因でもある胃食道逆流症を予防することが可能です。

健胃消化剤を服用する

胃もたれの症状で胃薬を飲むのは抵抗があるという方は、医薬部外品である「健胃消化剤」がおすすめです。

消化促進を促す働きや食欲増進効果など、胃もたれ解消に効果的な成分が含まれており、コンビニでも気軽に購入することができます。

胃もたれの予防策

胃もたれを防ぐには、日頃から胃に負担をかけずに過ごすように心掛け、胃の調子を整えて胃が活発に働けるようにサポートしましょう。

そこで、胃もたれ予防に効果的な予防策をご紹介します。

ファスティングを週1回行う

暴飲暴食が連日続くと、胃がどんどん大きくなって肥満予備軍につながります。

胃を本来の大きさに戻すには週1回ほどファスティングをして胃を休ませるのがおすすめで、休みの日などを利用してファスティングを行ってみましょう。

ファスティング中は固形物を一切食べないようにし、水と酵素ドリンクのみで過ごすようにしてください。

限られた時間でも胃を休ませることで有害物質、毒素といった老廃物が排出され、胃の機能が回復して胃もたれになりにくい強い胃腸に導きます。

ゆっくりとよく噛んで食べる

食事はゆっくりとよく噛んで食べることで胃もたれの原因の一つでもある胃酸過多に陥るのを防ぐことができ、さらに消化酵素を含んだ唾液が分泌されるので分解を促し、消化・吸収しやすくなります。

毎日忙しい方も食事時間だけは余裕を持って確保するように心掛けましょう。

食事は腹八分目まで

食べ過ぎは胃に多大な負担がかかる為、腹八分目まで食べたらそこでとどめるようにしましょう。

腹八分目の目安は程よく満腹感が得られたと感じたときで、まだ少し食べれそうと思っても強制的に食事を終わらせてください。

空腹時にお酒を飲まないようにする

空腹時にお酒を飲むと普段よりも酔いやすくなり、さらに胃や肝臓に大きな負担がかかる為、空腹時の飲酒は控えて下さい。

また、お酒を飲む際には飲酒前にチーズや牛乳といった脂肪分が含まれる物を摂ると、アルコールの吸収スピードを遅くすることができます。

リフレッシュ時間を作る

ストレスからくる胃もたれは、ストレスを解消しない限り治すことはできません。

そこで、運動や旅行など自分の好きなことをしてリフレッシュ時間を作ってみるようにしましょう。

胃もたれ予防ファスティングにおすすめの酵素ドリンクは?

胃もたれ予防に効果的なファスティングですが、ファスティングを行うには酵素ドリンクが必須アイテムとなるので、ファスティングを始める前に必ず酵素ドリンクを用意しておかなければいません。

酵素ドリンクはスーパーではあまり置いていない為、通販で購入するのがおすすめですが、ネット上では様々な種類の酵素ドリンクが発売されているので、一体何を基準に選べばいいのかよく分かないはずです。

ファスティングに向いている酵素ドリンクを探す際に重視したいのが、飲みやすさはもちろんのこと、身体に害を与えない安全な原材料をのみを使用している物がおすすめで、これらに当てはまる酵素ドリンクとして特におすすめなのが「無添加酵素飲料 マリッカエンザイム」という酵素ドリンクです。

商品名通り、身体に優しい無添加の原料のみで作らているこの酵素ドリンクは、75種類の野菜や果実が含まれており、その内の70種類については岡山県で収穫された旬の素材を使用しています。

発酵方法がすごい!

「無添加酵素飲料 マリッカエンザイム」の最大の特徴は独自の発酵方法にあります。

発酵する際には乳酸菌と酵母菌を使用しており、乳酸菌はご存知の通り腸内環境を整える働きや、他にも免疫力の向上、中性脂肪や血中コレステロール値を低下する作用があり、酵母菌には血糖値の抑制や善玉菌を増やす効果、脂肪やタンパク質の分解を促す働きが期待でき、乳酸菌と酵母菌をバランスよく取り入れることで、数々の病気を予防し、腸内を正常に保つことができます。

そしてさらにすごいのが発酵に要する時間です。

「マリッカエンザイム」は日本国内の工場にて3年以上じっくりと発酵させて作られており、また圧搾、加熱は行わない”浸透圧まるごと抽出法”を採用しているので、栄養素が加熱によって壊れることがなく、素材本来の栄養も逃さず摂取できます。

習慣的に摂取して胃もたれを予防!

酵素ドリンクといえば味が濃く、匂いがキツいイメージがありますが「マリッカエンザイム」は飲みやすいことでも評判で、爽やかな味付けなのでファスティングにも取り入れやすくなっています。

もちろんファスティング時以外でも日常的に摂ることで腸内環境を整えることができ、胃もたれを予防可能です。

年々胃の不快感が多くなってきたという方はぜひ「マリッカエンザイム」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

食べるという行為は生きている上で必要不可欠な物ですが、胃の容量には限度があり、さらに加齢と共に胃の機能が低下していることを忘れてはいけません。

身体の中でも一際重要な部位であるからこそ負担をかけないよう日頃から気にかけていくことも大切です。

今回紹介した解消法や予防策を参考にして、胃もたれとは無縁の健康的な胃を目指して取り組んでいきましょう。

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事