そのやり方は間違い!?正しい紫外線ケア方法

そのやり方は間違い!?正しい紫外線ケア方法

夏の時期は海やプール、バーベキューといった賑やかなサマーイベントが目白押しですが、そんなワクワクするイベントを楽しむ上で避けて通れないのが肌の日焼けです。

肌にダメージを与える一番の要因がこの紫外線と言われているほど、長時間直射日光の下で過ごしていると肌に多大な負担がかかり、肌が日焼けするだけでなく、ハリが失われてシミやシワを引き起こしてしまいます。

だからこそ、外出する際には紫外線ケアを欠かさずに行うことが大切ですが、普段から紫外線対策を万全にしてるつもりでも、やり方によっては紫外線をガードできていなかったり、肌に負担をかけている場合もあることから、これから紹介する正しい紫外線ケア方法を参考にして、強力な紫外線からお肌を守っていきましょう。

そこで今回は、正しい紫外線ケア(UVケア)のやり方をご紹介します。

紫外線とは?

紫外線とは、太陽から届く波長の短い光で、波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cに分けられています。

“UV”とはUltraVioletの意味で、この3つのUVの内、地球に届くのが「UV-A」と「UV-B」で、「UV-C」は上空のオゾンや酸素分子などによって吸収されてしまうので地表には到達しません。

UV波の種類によって肌にもたらす影響が異なり、正しい紫外線ケアを行う前にまず、UV-AとUV-Bの違いを理解しておきましょう。

UV-A

地球に到達する約9割以上の紫外線がこのUV-Aです。

UV-Aは生活紫外線とも呼ばれており、長時間浴びていると肌の表皮の先の真皮層にまで侵入し、肌が炎症して黒く日焼けしたり、肌の水分や弾力が低下するなど肌に様々なダメージを与えます。

波長が長いUV-Aは、室内にいてもガラスを通り抜けて部屋の中にまで到達するほど光が強く、部屋の中で過ごしているときも少しずつ肌にダメージが与えられています。

その他にも車の窓ガラスも通り抜けてしまうので、長時間のドライブも注意しなければなりません。

UV-B

UV-Bは、UV-Aと比べて紫外線量が非常に少なく、波長も短いですが、UV-Aと同等に肌に悪影響をもたらす紫外線でもあります。

UV-BはUV-Aと違って肌の真皮層まで届くことはありませんが、肌の表皮に多大なダメージが与えられ、これによって肌が赤くなり、炎症を引き起こします。

レジャーなどで遊んだ日に肌が日焼けしてしまうのはこのUV-Bによるもので、UV-Bを浴びるとシミの原因であるメラニン色素もできやすくなります。

紫外線に浴びることで起こるデメリットとは?

紫外線を浴び続けていると身体に様々な悪影響をもたらします。

代表的なのが肌の日焼けですが、日焼けはしばらくすると元に戻ります。

そして特に注意したいのが肌の老化スピードを速める作用です。

若々しさの象徴でもあるハリや透明感がどんどん失われていき、一気に老け込んだ印象に導いてしまいます。

正しい紫外線ケア方法(屋外編)

紫外線量は4月~9月頃にかけて増加しますが、正しい方法でケアすることで紫外線量が多い日でも降り注ぐ紫外線から肌を守ることができます。

そこで、屋外に出かける際にしておきたい正しい紫外線ケア方法をご紹介します。

1.日焼け止めは多めに塗るようにする

日焼け止めは少量の液を薄くのばすように塗ると、UVカット効果を得られにくくなり、肌をきちんとガードすることができません。

肌を守るには少し多いと思うくらいたっぷりと塗るようにしましょう。

2.SPF値&PA値が高い日焼け止めは長時間の外出やレジャー時のみ使う

日焼け止めやUVカット効果のある化粧品には必ず”SPF”と”PA”という文字が記載されており、SPFはUVBを防ぐ数値で、数値が高いほどUVBをブロックすることができます。

一方のPAは、UVAを防ぐ値を表し、+の数が多いほど効果が高くなります。

効果が高いものほど持続時間も増えますが、その分肌に負担をかけており、通常はなるべくSPF値とPA値が低めのものを使うようにし、海やキャンプといったレジャーや長時間の外出時のみSPF値とPA値が高い日焼け止めを塗るようにしましょう。

3.1日に何度か塗り足す

日焼け止めは、SPFの数値が高くなるほど持続時間が長くなりますが、汗や皮脂によって落ちてしまうこともあり、短時間でUV効果が薄まる場合もあります。

汗や皮脂が多く出ていると感じたときは、すぐに塗り足すようにしましょう。

4.UVカットサングラスをかける

紫外線は肌に吸収される以外にも、目からも紫外線が入り込むことがあります。

目から紫外線が入ると、脳が肌にシミの原因であるメラニン色素を生成するように指示し、肌から侵入した際と同じく肌にダメージをもたらします。

対策をするには、UVカットの効果があるサングラスをかけるようにしましょう。

正しい紫外線ケア方法(自宅編)

前述した通り、生活紫外線でもあるUV-Aは窓ガラスを通り抜ける為、家の中にいても窓から紫外線が差し込み、窓に近い場所にいるほど大量の紫外線を浴びています。

紫外線から肌を守るには自宅でも紫外線ケアを欠かさず行うようにしましょう。

そこで自宅でできる紫外線ケア方法をご紹介します。

1.低刺激の日焼け止めやUV乳液を塗る

日焼け止めやUV乳液はUVカット効果が高くなるほど肌に負担がかかる為、家の中にいるときは何もつけないで肌を休ませたいと思う方も多いかもしれません。

しかし、最近では肌に負担をかける界面活性剤や紫外線吸収剤が含まれていない低刺激の日焼け止めやUV乳液が登場しており、UVカット効果は比較的低いですが、家の中では十分にガードすることができます。

2.UVカットカーテンやフィルムを取り入れる

家の中で日焼け止めを塗るのに抵抗があるという方にはUVカットカーテンやUVカットフィルムがおすすめです。

UVカットカーテンは、レースカーテンとしての機能を持ちながら紫外線を99%シャットアウトできる優れモノで、日の光をお部屋に取り込みつつも、紫外線から肌を守ることができます。

さらに、窓に貼りつけるタイプのUVカットフィルムも人気があります。

フィルムタイプは、窓に貼っておくと万が一窓ガラスが割れても飛び散らないメリットがあり、今使っているレースカーテンを変えたくないという方はこちらをおすすめします。

日焼けで出来たシミやくすみはプラセンタで改善!

前述した通り、紫外線を浴びるとシミやくすみの原因でもあるメラニン色素が発生しやすくなります。

このメラニンはターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われることで排出することができますが、日焼けをしている肌はターンオーバーが乱れやすくなっており、正常に行われなくなることでメラニンがそのまま肌に留まり、シミやくすみになって肌に現れてしまいます。

シミやくすみは一度現れると改善するのは難しいと言われていますが、シミやくすみの改善方法として有効とされているのが、「プラセンタ」です。

プラセンタとは、お母さんと赤ちゃんをつないだ器官にある”胎盤”のことで、赤ちゃんはこの胎盤からお母さんの栄養や酸素を受けとる事ができます。

このプラセンタは、紀元前頃から美容や健康に効果が期待できると伝えられており、それから数世紀経った現在ではプラセンタから抽出したプラセンタエキスを使用した注射や健康食品が登場し、誰でも手軽にプラセンタを取り入れることができるようになりました。

プラセンタにはターンオーバー促進効果が!

プラセンタエキスには、様々な美容効果が含まれていますが、中でも注目したいのがターンオーバー促進効果です。

プラセンタには、「細胞増殖因子」という成長因子が含まれており、この因子には新たな細胞を作る働きや、細胞の修復・再生を行う作用があります。

細胞から若返らせることができ、これによって肌にも良い影響をもたらすことからターンオーバーが促進され、シミやくすみが現れる前にメラニンを除去することができます。

プラセンタを摂取すると肌の水分量がアップする!

紫外線を浴びた肌はデリケートな状態になっており、肌が乾燥しやすくなりますが、プラセンタには肌の保湿に欠かすことができない栄養成分である「アミノ酸」が豊富に含まれており、アミノ酸を摂ることで肌の水分を蓄える「天然保湿因子」の機能を向上させることができ、乾燥肌を防ぎ、潤いのある肌へ導いてくれます。

プラセンタエキスのおすすめ摂取方法は?

プラセンタは、注射や健康食品など様々な方法で摂取することができますが、特におすすめの摂取方法がプラセンタエキスが配合されているプラセンタドリンクです。

プラセンタドリンクは、1本に大量のプラセンタエキスが含まれていることからすぐに効果を実感することができ、美容効果だけでなく疲労回復効果や基礎代謝の向上、自律神経を整える作用なども期待できます。

最近シミができやすいという方や、以前よりも疲れやすくなったという方はぜひプラセンタドリンクを取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

晴れの日だけでなく曇りや雨の日にも降り注いでいる紫外線は、多くの人が10代後半までに一生に浴びる紫外線の半分以上を浴びているとされており、紫外線対策はなるべく早い内から開始するのが望ましいとされています。

しかし、若い頃に紫外線対策をあまりしてこなかったという方でも、今回紹介した正しいケアを入念に行うことで、さらなる紫外線によるダメージを防ぐことができ、尚且つ少しずつ健康的な肌を取り戻せるかもしれません。

大切なお肌だからこそ、毎日しっかりとケアを行っていつまでも若々しい肌を保っていきましょう。

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事