季節の変わり目に体調を崩しやすい理由&対策方法

季節の変わり目に体調を崩しやすい理由&対策方法

はっきりとした四季がある日本では、季節によって暖かくなったり寒くなったりと様々な気候を楽しめるのも魅力の一つでもありますが、季節の変わり目は寒暖差や気圧変動が大きくなることで体調を崩してしまいやすく、様々な症状が現れることがあります。

1年の中でも特に体調不良になりやすいと言われている季節の変わり目を乗り切るには、様々な対策をとって急な気温の変化にも対応できる丈夫な身体を作っていきましょう。

そこで今回は、季節の変わり目に体調を崩しやすい理由や対策方法をご紹介します。

季節の変わり目に体調を崩しやすい理由

季節の変わり目には、気圧の変動や寒暖差によって身体に様々なダメージを与え、このような季節の変わり目に現れる体調不良のことを「気象病」と呼ばれています。

季節の変わり目に体調を崩す主な原因とされているのが、自律神経の乱れです。

「自律神経」とは、呼吸や体温調節、血液循環といった内臓の働きを調整し、コントロールしているとても重要な神経であり、自律神経には「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経が互いにバランスをとりながら体内の動きを整えています。

しかし、季節の変わり目には、気圧変動によって交感神経と副交感神経のバランスが乱れやすくなり、身体に様々な症状が現れるようになります。

その他にも季節の変わり目には、日照時間が著しく変化していくため環境の変化によって睡眠不足に陥ることが多く、睡眠時間が減少することで、自律神経が乱れることもあります。

季節の変わり目でも体調不良に陥らずに健康に過ごすには、まずは自律神経を安定させなければなりません。

季節の変わり目に発症する主な症状

季節の変わりに目に発症する症状は人それぞれで、そのほとんどが自律神経の乱れによるものです。

そこで、季節の変わり目に発症しやすい主な症状の一例をご紹介します。

頭痛

季節の変わりに目の体調不良で特に多いのが頭痛です。

頭痛は気圧の変動によって自律神経が乱れると発症しやすくなり、頭全体が痛む「緊張型頭痛」や、頭の片側だけ痛みを伴う「片頭痛」など、様々なタイプの頭痛を引き起こします。

めまい

頭痛と同様に気圧が変動すると自律神経のバランスが崩れて”めまい”を引き起こすことがあります。

気候の変化が特に激しく変化する梅雨のシーズンに最もなりやすく、また夏~秋の台風が多い時期も要注意です。

昼間に眠くなる

通常時は、昼に交感神経が優位になって心身が活発になり、寝る前や就寝時などのリラックスをしている状態になると副交感神経が優位になりますが、バランスが大きく乱れることで、副交感神経が昼間も優位になることがあり、眠気を誘うことがあります。

副交感神経は低気圧の日は朝から活発になりやすく、特に注意が必要です。

季節の変わり目にしておきたい対策

季節の変わり目に起きる気象病を防ぐには、自律神経を安定させることが何より重要であり、自律神経を整えられる様々な対策に取り組むよう心掛け、自律神経失調症を防ぎましょう。

そこで、自律神経のバランスを整えられる対策方法をご紹介します。

1.毎日、日光を浴びる

日光を浴びると「セロトニン」という神経伝達物質が活性化します。

このセロトニンが分泌されると自律神経を整える効果が期待できる他、ストレス解消効果や集中力を高める効果も期待できます。

日光を浴びる時間は起床直後がおすすめで、外に出掛けなくても部屋の窓を開けるだけでも効果が期待でき、1日30分間浴びるようにしましょう。

2.適度な運動を行う

運動不足による自律神経の乱れを改善するには、ウォーキングやストレッチといった適度な運動を習慣的に行うようにし、体力をつけていきましょう。

忙しくて運動をする時間が無いという方は、エレベーターではなく、階段を使うように心掛けたりと、工夫をして取り組んでみてください。

3.質の良い睡眠をとる

副交感神経を優位にしてリラックスした状態に導くには質の良い睡眠が効果的です。

質の良い睡眠をとるには、寝る直前にパソコンやスマートフォンなどのモバイル機器の画面を見ないようにし、リラックスできる環境を作っておきましょう。

季節の変わり目におすすめな肌のお手入れ方法

季節の変わり目は急な寒暖差によって肌にもダメージをもたらし、肌が荒れたり、赤みが出てくることがあります。

そこで、季節の変わり目に負けない健やかな肌に導くおすすめのお手入れ方法をご紹介します。

1.保湿を入念にする

肌が乾燥しているとバリア機能の低下の原因にもなり、肌荒れを引き起こします。

化粧水や乳液、クリームにはバリア機能を向上させる働きがあり、毎日入念に保湿をするよう心掛けて下さい。

2.十分な紫外線対策をする

日焼けをした肌は夏から秋の変わり目になると、かゆみが出たり、ヒリヒリしたりとデリケートな状態になり、バリア機能も低下してしまいます。

紫外線は年中降り注いでいるので、日中に外出する際には必ず紫外線対策を行うのがおすすめです。

3.肌に負担をかけずにクレンジング&洗顔を行う

季節の変わり目の時期は、肌がいつにも増して敏感な状態になっており、クレンジングや洗顔をいつも通りのやり方で行っていても、肌に大きな負担をかけてしまっている場合があります。

肌に負担をかけないようにするには、低刺激のクレンジングや洗顔フォームを使うようにし、洗顔をする際には、よく泡を立ててから肌をこすらないよう優しく洗いあげましょう。

自律神経を整えるには酵素ドリンクが最適!?

季節の変わり目に体調を崩さないようにするには、自律神経を整えることに重視して対策をする必要があるとお伝えしてきましたが、自律神経を整える方法はこの他にもまだまだ沢山あり、中でも忙しい方でも手軽に取り入れられることでおすすめなのが、飲むだけで自律神経のバランスを整えられる「酵素ドリンク」です。

酵素ドリンクとは、数十種類以上の旬の野菜や果物などの原料を発酵して作られた植物発酵飲料で、ミネラル、ビタミン、アミノ酸といった栄養素が豊富に含まれており、普段の食生活だけでは摂ることができない量の栄養をバランスよく吸収することができます。

腸内を改善すると自律神経が整えられる!

酵素ドリンクは、野菜や果物から抽出したエキスだけでなく乳酸菌や酵母菌が含まれているのも特徴の一つで、この乳酸菌や酵母菌には善玉菌を増やして腸内環境を整える作用があります。

腸内環境を整えることで身体に様々な良い影響がありますが、その中で注目したいのが自律神経と腸の関係です。

腸と脳は深い関わりがあり、交感神経と副交感神経がバランスよく働いていると腸にも良い影響をもたらしますが、自律神経が乱れると腸の動きが鈍くなり、ガスが溜まったり、便秘や下痢を引き起こします。

一方で腸内環境が正常に整えられた状態だと、自律神経が乱れにくくなり、体調を崩しにくい身体を作ることができます。

このように、腸と自律神経は切っても切れない関係であり、酵素ドリンクを飲むことで腸内の働きを良くしつつ、自律神経を整えることが可能で、季節の変わり目だけでなく、腸の調子が悪いと感じた日にもおすすめです。

酵素ドリンクを取り入れて、善玉菌で満たされた健全な腸内を目指してみてはいかがでしょうか?

季節の変わり目の肌荒れはプラセンタドリンクで改善!

季節の変わり目の肌の不調を改善するには、前述した方法だけでなく、内側からもアプローチをかけてお肌をケアすることが重要だと言われています。

そこで取り入れたいのが、美肌効果が期待できる美容ドリンクで、中でも、絶大な美肌効果があることで最近注目されているのが「プラセンタドリンク」です。

プラセンタとはお母さんと赤ちゃんをつないでいる”胎盤”のことで、出産を終えると体外へ排出されますが、このプラセンタには驚くほどの豊富な栄養素や細胞の活性化が期待できる成長因子が含まれており、
紀元前の頃から美容目的で使用され始めたプラセンタは、現在でも高品質な美白有効成分として注目を集めています。

プラセンタドリンクとはこのプラセンタから抽出したエキスが含まれているドリンクで、ビタミン、アミノ酸、タンパク質、ムコ多糖類といった、美肌効果のある成分が豊富に含まれ、さらに肌にハリをもたらし、細胞レベルで肌を美しく若返らせる作用がある「細胞増殖因子」も含まれており、肌荒れを改善して美肌に導いてくれます。

プラセンタでターンオーバーを促進!

前述した通り、季節の変わり目に肌が荒れる原因はバリア機能の低下によるものだと言われていますが、バリア機能を整えるには保湿ケアだけでなく新陳代謝であるターンオーバーのサイクルを正常に機能させる必要があります。

プラセンタドリンクに含まれている「細胞増殖因子」には、ターンオーバーを促進する作用があり、プラセンタドリンクを摂取することで、ターンオーバーが正常に機能するようにサポートし、バリア機能を高めることができます。

プラセンタドリンクを習慣的に取り入れることで、荒れていた肌がみるみるうちにハリのあるキメの整った健やかな肌に導いてくれるかもしれません。

まとめ

自律神経は意識してコントロールするのが不可能だからこそ、自律神経のバランスを崩さないように心掛けて行動することが大切です。

季節の変わり目は1年の内でも僅かな間ですが、短いようで以外に長く感じることもあり、特に体調が悪いと余計に長く感じてしまうかもしれません。

だからこそ、今回紹介した対策をひとつひとつ試して、季節の変わり目にも負けない自律神経の整った健康的な身体を作り、乗り切っていきましょう。

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事