これで毛穴レスの美肌に!毛穴を引き締める方法6選

毛穴のトラブル

女性の肌トラブルでも上位に入ることが多い毛穴のトラブル。

毛穴を目立たなくするために、ファンデーションやコンシーラーを使ってカバーしている方もいるかもしれませんが、化粧品のCMに出ている女優さんのような毛穴レスの素肌美人に憧れを抱いているという方も多いのではないでしょうか?

毛穴が開いてしまう原因には、普段のお手入れの仕方に問題がある場合が多く、きちんとケアを行うことで毛穴を引き締めることができます。

正しいお手入れの方法を学んで、毛穴がまったくない透明感のある毛穴レスな肌を目指してみましょう!

そこで今回は、毛穴を引き締める方法をご紹介します。

毛穴が開く原因とは?

健康的な肌の場合は毛穴は閉じており、メイクも綺麗にのせることができますが、肌が不調になることで毛穴が開くようになり、ブツブツとした黒ずみが目立つようになります。

このような毛穴の黒ずみの原因なのが角栓です。

毛穴の下にある毛根を包む毛包管は皮脂の過剰分泌によって開きます。

開いた毛穴に皮脂や汚れが詰まると角栓ができ、この角栓はターンオーバーをすることで除去することができますが、肌の新陳代謝が上手くいかなくなることで、古い角栓が残ってしまいます。

そして角栓はその後酸化し始め、これが毛穴の黒ずみになります。

皮脂の過剰分泌は、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れが原因で、不規則な食生活やストレス、加齢、紫外線、間違ったスキンケアなどによって肌に多大な負担をかけることで引き起こします。

毛穴が開いているときは、肌がダメージを受けてSOSのサインを出していると言われており、原因を見つけてしっかりと対処していきましょう。

毛穴が開きやすい肌質は?

毛穴が開く原因は肌質によって異なり、自分がどの肌質なのか知っておくことで、スムーズに原因を見つけることができるかもしれません。

まず開きやすい肌質の一つが乾燥肌です。

皮脂の過剰分泌はお肌の水分量が失われることで引き起こるバリア機能の低下が原因なことから、乾燥肌の方は毛穴が開きやすくなっており、水分量が不足しないようにきちんとケアを行うようにしましょう。

さらに乾燥肌の方以上に毛穴が開きやすいとされているのが脂性肌(オイリー肌)です。

脂性肌は皮脂腺が他の肌質よりも大きい傾向にあり、皮脂腺が大きいほど皮脂が分泌しやすくなることから、過剰に分泌してしまうことで毛穴が開きやすくなってしまいます。

乾燥肌の方も脂性肌の方も、スキンケアをする際は自分の肌質に合った基礎化粧品を選ぶようにして、肌に負担をかけずにお手入れをしましょう。

毛穴ができやすい場所

毛穴ができやすい場所は、鼻や鼻の横が多く、頬やおでこ、眉間などにも毛穴ができます。

一口に毛穴と言っても様々な種類があり、特に多いのがメラニン色素が発生することで起こるメラニン毛穴です。

メラニン色素は紫外線を浴びると発生するシミの原因でもある色素ですが、このメラニン色素が毛穴にたまることで色素沈着を起こし、毛穴が黒ずんでいきます。

改善するにはUVケアを積極的に行い、メラニン色素の生成を抑制する化粧品を使用しましょう。

毛穴を引き締める方法①クレンジングで汚れを落とす

スキンケアで特に手を抜いてはいけない工程がクレンジングです。

肌を常に清潔な状態に保つにはクレンジングによってメイクをしっかりと洗い落とす必要がありますが、完全に落としきれずにメイクが少しでも残っていると、そのまま蓄積されて汚れが毛穴に詰まってしまいます。

クレンジングをつける際は、時間をかけて強くこすらずに指でなぞるように落とすようにし、目元などの落ちにくい場所はアイリムーバーで落とすのがおすすめです。

毛穴を引き締める方法②洗顔前に蒸しタオルでお肌を温める

毛穴対策として、数日に1回取り入れたいのが蒸しタオルを取り入れた洗顔です。

やり方は、クレンジングでメイクを落とした後、45度くらいのお湯に浸してしぼった温かい蒸したタオルを顔にのせて冷めるまで待ちます。

すると、毛穴が開き、毛穴に詰まった汚れを落としやすい状態になっているので、そのまま洗顔をして汚れを洗い流しましょう。

蒸しタオルを使う事で、その後の化粧水や美容液が浸透しやすくなったり血流を良くしてくれる効果が期待できますが、毎日行うと肌のバリア機能が低下するリスクがあるので、週1~2回だけ行うのがおすすめです。

毛穴を引き締める方法③油分が含まれた化粧品の使用を控える

ファンデーション、口紅などの化粧品には油分が多く含まれていますが、この油分は毛穴に詰まってしまいやすく、毎日使用していると毛穴が開きやすくなります。

さらに、油分が酸化するとシミやシワなどの肌トラブルを引き起こすこともあるので、頻繁に使用するのはなるべく控えるようにしましょう。

肌に負担をかけずにベースメイクをするには、下地とパウダーだけで済ますのがおすすめですが、どうしてもファンデーションを使用したい場合は、リキッドやクリームタイプのファンデーションは油分が多く含まれている為、なるべく油分が少なめのパウダーファンデーションの使用がおすすめです。

毛穴を引き締める方法④ピーリングで毛穴ケア

毛穴に詰まった汚れを落としたいと思った際の救世主がピーリングです。

ピーリングによって毛穴の汚れを落とすことができ、さらに古い角質を取り除くことでターンオーバーを正常に整えることができます。

ピーリングには様々なタイプがあり、中には刺激が強く肌に負担をかけてしまう種類の物もありますが、比較的低刺激なのが石鹸タイプです。

石鹸タイプを使う場合は、洗顔と同じように使用し、泡立ててから優しくマッサージするように洗い、ぬるま湯で流した後はタオルで抑えるように水分をふき取り、その後は保湿を行いましょう。

しかし、ピーリングは低刺激と謳っている物でも洗顔料よりも刺激が強い為、敏感肌の方は肌トラブルを引き起こす場合もあります。

毎日使うのは控えて、汚れが気になるときだけ使うようしましょう。

毛穴を引き締める方法⑤食生活を見直してみる

皮脂の過剰分泌は食生活の乱れが原因の場合があります。

揚げ物やスナック菓子などの脂っぽい食べ物やアルコール、加工食品などの食品は、皮脂の分泌量を増やしてしまう働きがあり、なるべく控えなくてはなりません。

分泌を抑えるには、バランスの良い食生活を心掛けるようにしましょう。

また、ビタミンCやビタミンB2には、皮脂の分泌を抑制する効果が期待できるので、積極的に取り入れてみてください。

毛穴を引き締める方法⑥十分に睡眠をとる

乱れな食生活以外にも、さらに毛穴の大敵と言われているのが睡眠不足です。

睡眠が不足するとホルモンバランスが崩れ、その中でもコルチゾールというストレスのホルモンが分泌されると肌荒れを引き起こしたり、皮脂の過剰分泌を促してしまいます。

対策するには十分な睡眠をとるようにしましょう。

毛穴パックは使ってもいいの?

ボツボツとした目立つ黒ずみでもごっそりとれてしまう毛穴パックは、角栓を取り除くために定期的に行っているという方も多いかもしれませんが、毛穴パックをやりすぎてしまうと毛穴が開いてきてしまうと言われることもあります。

しかし、そのようなことは実際には無く、毛穴が開くことはないので安心しましょう。

ですが、毛穴パックは粘着力が高いことから肌にかなりの負担がかかっているので肌の弱い方は注意が必要です。

毛穴パックは緊急で角栓を取りたいときだけに使用するのがおすすめで、毛穴パックに頼ることなく、
毛穴を引き締められるよう取り組んでいきましょう。

青汁には毛穴引き締め効果のある栄養素が含まれている!

毛穴を引き締めるには前述した方法だけでなく、他にも様々な方法があり、中でも気軽に取り入れられるのが毛穴引き締め効果のある飲み物です。

美容効果が期待できる飲み物は沢山存在しますが、その中でも特におすすめなのが、毛穴引き締め効果のあるタンニンが豊富に含まれている「青汁」です。

タンニンは植物に含まれるポリフェノールの1種で渋みの元となる成分であり、緑茶や紅茶、コーヒーに含まれている苦味は、このタンニンによるものです。

そしてこのタンニンの特徴として、”収れん作用”というものがあります。

収れん作用とは肌を引き締める働きがあり、毛穴の引き締め効果が期待できる他、過剰な皮脂分泌を抑制する働きもあります。

さらに、タンニンには若返り効果でもある抗酸化作用や美白効果もあり、タンニンを摂ることで毛穴レスの美肌へ導いてくれます。

また、青汁にはタンニン以外にも抗酸化作用や肌の水分量を高める働きのある「クロロゲン酸」や、デトックス効果や便秘解消効果がある「食物繊維」など、美肌効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。

若々しく健康な生活を送りたいという方は、ぜひ毎日の生活に青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

毛穴を引き締めて美肌になるには、自分の肌と相性の良い化粧品を見つけることも大切で、規則正しい生活習慣だけでなく化粧品との相性も重要になるので、様々な化粧品を試してみて自分にぴったりの化粧品を見つけてみましょう。

また、今回紹介した毛穴を引き締める方法だけでも十分に効果が期待できますが、それに加えて自分の肌質や年齢に合ったスキンケアも取り入れることで、より万全に対策をすることができます。

みなさんも是非、コンシーラー要らずの透き通る美肌を目指して、明日から毛穴ケアを始めてみてはいかがでしょぅか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事

プラセンタは美容以外の効果もすごい!

プラセンタは美容以外の効果もすごい!

  • プラセンタ
  • 美容

更新日:2020年10月08日

驚異的な若返り効果や美肌効果で注目されている美容成分「プラセンタ」。 プラセンタと聞くと美容効果が期待できるというイメージがありますが、美容効果だけでなく他にも…続きを読む