身体の内側も外側も綺麗になれる!インナービューティーのすすめ

インタービューティー

透き通るような美しい肌になるには、スキンケアや紫外線対策を積極的に行うだけではなく、内側からも意識してアプローチをしていく必要があります。

そこで、取り入れたいのがインナービューティーです。

インナービューティーとは、身体の内側から美しくなることを目指し、身体だけでなく心も整え、ストレスの無い健やかな暮らしを目的に取り組んで行く美容法です。

肌荒れや不安定な精神状態は不規則な食生活や精神的なストレスが影響していることが多く、原因を1つずつ解消していくことで、健康的な身体を作ることができ、肌荒れの無い美しい素肌を手に入れることができます。

さらに、インナービューティーを意識することで健康的で痩せやすい体質に導いてくれることからダイエット効果も期待でき、美しく痩せたいという方も必見です。

そこで今回は、インナービューティーの取り入れ方や、インナービューティーダイエットのやり方をご紹介します。

インナービューティーとは?

インナービューティーとは内側を綺麗にして身体の中も外も美しくなることを目指す、今、美容に関心のある女性の間で注目を集めている美容法です。

インナービューティーで特に意識して取り組みたいのが、腸内環境の改善です。

肌の綺麗な人は、必ずと言ってもいいほど腸内が健康で綺麗な状態だと言われており、一方で、腸内に老廃物がたまり腸内環境が悪化していると、様々な肌トラブルを引き起こし、肌を綺麗にするにはまず腸内環境を整えることから始めなければいけません。

ここまでだと、一般的な美容法と同じように見えますがインナービューティーでは、身体と同時に心も豊かになれるように取り組んでいきます。

何かに癒されたり、リラックスした時を過ごしていると細胞が活性化し、身体に良い影響を与えてくれると言われており、腸内環境を整えることだけを目指すのではなく、ストレスの無い生活を送れるよう心掛けることが大切です。

また、インナービューティーを実践した方の中には、ネガティブ思考からポジティブ思考になって心が穏やかになったという方も多く、性格にも変化が現れることもあります。

そんな様々な良い変化をもたらしてくれるインナービューティーを、早速取り入れてみませんか?

インナービューティーの取り入れ方

インナービューティーを実践する際には、美しく幸せな生活を送ることに重点に置いて取り組んで行きます。

腸を綺麗に整えることを意識しながら、これから紹介する5つの方法も合わせて取り入れていきましょう。

栄養バランスのとれた食生活をする

腸を綺麗にするには、まず食生活を見直して栄養バランスのとれた食事を行い、その中でも腸内の善玉菌を増やす栄養素が含まれた食材を積極的に摂るようにしましょう。

さらに、食べる順番も意識することも大切です。

野菜がメインの前菜→スープや味噌汁などの汁物→タンパク質が含まれた主菜→ご飯や麺、パンなどの炭水化物

この順番で食べると血糖値の上昇が緩やかになり、身体に負担をかけずに食事をとることができます。

ファスティング

体内の毒素や老廃物を排出させるには定期的にデトックスをしなければなりません。

デトックスするには内臓を休ませることで本来の排出機能を取り戻すことができる「ファスティング」がおすすめで、ファスティングを行うことで老廃物を排出し、腸内環境を整えることもできます。

ファスティングは準備期間や回復期間も必要になるので、休日などを利用して行うのがおすすめです。

ヨガ

ゆったりとした動作で体をほぐしていくことで心と身体をリラックスさせてくれるヨガには、美肌効果やストレスの緩和、集中力アップなど様々な効果が期待でき、寝る前に行うことで快眠効果も期待できます。

また、呼吸と子宮を意識して行うようにすることで自律神経のバランスが整えられて、女性ホルモンを高めることができます。

ヨガは自宅で行うことも可能ですが、初心者の方はヨガの教室に何度か通ってみてレクチャーを受けてみるのがおすすめです。

アロマでリラックス

好きな香りを嗅ぐことでストレスを緩和することができ、心身をリラックスさせ、幸福感をもたらしてくれます。

アロマテラピーはお部屋の中で行うのが一般的ですが、入浴時にも楽しめるアロマバスも人気です。

また、アロマには快眠効果が期待でき、香りに包まれてリラックスした状態で眠ることで質の良い睡眠をとることができます。

スマートフォンやインターネットをする時間を減らす

スマートフォンやパソコンの液晶画面にはブルーライトという光が含まれています。

このブルーライトを長時間見ていると、自律神経のバランスが乱れて身体に悪影響を及ぼし、頭痛や肩こり、睡眠の質が悪くなったりと、様々な不調を引き起こす為、なるべく長い時間見るのは控えるようにしましょう。

それだけでなく、気付かない内にSNSなどインターネットが原因で多大なストレスを溜め込んでいる場合もあります。

1日ネットから離れて生活するだけでも、心が穏やかな気持ちになり、ストレスを緩和できることもあるので、精神的に疲れている日にはぜひ試してみましょう。

インナービューティーの注意点

インナービューティーは毎日意識して取り組むことが大切で、継続して行うことで着実に身体に良い変化をもたらしてくれます。

そのため、即効性はあまり期待できませんが美しさを手に入れるためには、決して手を抜かずに積極的に取り組んで行きましょう。

また、効果を得るにはストレスをためずにリラックスして取り組むことが最も大切です。

疲れている日は無理をせず、ヨガや運動は控えるようにし、睡眠をたっぷりとって身体を休ませましょう。

インナービューティーダイエットのやり方

インナービューティーに真剣に取り組むことで美しくなれるだけでなく、ダイエット効果も期待できると言われています。

やり方は、前述したインナービューティーの取り入れ方で紹介した一例を毎日実践するだけでOKですが、
ダイエットを成功させるための3つのポイントをご紹介します。

朝食には果物と発酵食品を取り入れる

朝食には、乳酸菌が豊富に含まれた味噌汁や納豆などの発酵食品を取り入れるようにし、それだけでは物足りないというときは、デザートに果物を食べるようにしましょう。

果物には、ダイエット効果が期待できる様々な栄養成分が含まれており、さらに水分がたっぷりと含まれているので満腹感も得ることができます。

色とりどりの野菜を食べる

複数の野菜を食事に取り入れる際には、野菜の色はなるべく被らないようにし、色とりどりの野菜を選ぶようにしましょう。

野菜に含まれた色素には、様々な栄養が秘められており、色によって栄養価が異なる為、複数の色の野菜を摂ることでバランスよく栄養を補給することができます。

ゆっくりとよく噛んで食べる

食事中はゆっくりとよく噛んで食べることで、血糖値の上昇スピードを抑えることができ、さらに脳の満腹中枢が刺激されて満腹感を得られやすくなり、食べ過ぎてしまうのを防ぐことができます。

最低でも30回以上は噛むように心掛けましょう。

インナービューティーにおすすめの飲み物

インナービューティーを積極的に取り組むには、食生活だけでなく飲み物にもこだわってみましょう。

美容や健康に良い効果がある飲み物を取り入れることで、さらに若々しく元気でいることができます。

そこで、内側から美しくなれるおすすめの飲み物をご紹介します。

プラセンタドリンク

最近、肌の老化が気になってきたという方におすすめなのが「プラセンタドリンク」です。

プラセンタドリンクは、様々な栄養が含まれていると話題のプラセンタ(赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤)から抽出したプラセンタエキスを配合したドリンクで、プラセンタには豊富なビタミンやアミノ酸、ミネラル、タンパク質、核酸などの様々な栄養素が含まれており、美白効果やリフトアップ効果が期待できます。

そして、何より注目したいのが、プラセンタエキスに含まれている「細胞増殖因子」という因子です。

細胞増殖因子とは、新たな細胞を繁殖したり修復、再生する働きのある身体にとても良い影響をもたらす物質で、細胞増殖因子によってターンオーバーが促進され、肌細胞を若返らせることができ、健やかでハリのある美肌に導いてくれます。

プラセンタドリンクは飲んだ翌日から効果が現れることもあるほど、即効性が高いことでも知られているので、大事なイベントの目前に肌の調子を整えたいというときにもおすすめです。

青汁

外食が多く、食生活が偏りがちだという方におすすめなのが「青汁」です。

健康に良い飲み物の代表格でもある青汁は、ご存知の通り緑葉野菜を絞って作られており、青汁を摂取することで、その緑葉野菜に含まれた様々な栄養素を吸収することができますが、青汁には高い抗酸化作用が期待できる、「タンニン」や「クロロフィル」、そして内臓脂肪の燃焼やコレステロール値を下げる働きがある「アスペルロシド」など、美容やダイエットに効果的な栄養素が豊富に含まれています。

もちろん、食物繊維も含まれているのでデトックス効果や便秘解消も期待でき、青汁を習慣的に飲むことで野菜不足を補うことができ、健康な身体を作ることができます。

まとめ

取り入れ方の一例として紹介した食生活やヨガは、一見簡単そうに思えますが、毎日欠かさず行うには根気強く続ける必要があります。

しかし、努力すればするほど効果が目に見えてくるので、頑張って取り組んでみましょう。

みなさんもインナービューティーで心も身体も綺麗になってみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事