○○を飲むと効果的!?二日酔いの予防&改善方法

二日酔い

楽しかった飲み会や忘年会の翌日に突如やって来る「二日酔い」。

今日はお酒は程々にしておこうと思ってもついつい飲みすぎてしまい次の朝、二日酔いに見舞われて後悔してしまったという失敗談は、お酒を飲む方なら誰しも経験があるかもしれません。

二日酔いになると頭痛やめまい、嘔吐といった辛い症状がしばらく続きますが、二日酔いに効果的な改善方法を実践することによって症状を和らげて、二日酔いが抜けるのを早めることが可能です。

そこで今回は、二日酔いの改善方法やお酒を飲む前にしておきたい二日酔いの予防対策をご紹介します。

二日酔いになる原因とは?

口から摂取したアルコールは体内に入ると肝臓に送られ、「アルコール脱水素酵素」や、「ミクロゾームエタノール酸化系」によって「アセトアルデヒド」という物質に分解されていきます。

その後、「アルデヒド脱水素酵素」によって「アセテート(酢酸)」に分解され、最後に「水」と「二酸化炭素」に分解されて体外に排出されます。

二日酔いになる原因は、最初に分解される「アセトアルデヒド」が完全に分解しきれていないことで引き起り、このアセトアルデヒドには強い毒性があることから、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなることで、吐き気や頭痛、胃もたれなどの症状が現れます。

二日酔いの症状が出てくる飲酒量は?

二日酔いの症状が出てくるのは、アルコールを大量摂取したときのみであり、1、2杯飲んだ程度では二日酔いの症状が出ることはほとんどありません。

上限の飲酒量を超えてしまうことで二日酔いになりますが、この上限となる飲酒量は個人の体質によって変わり、お酒が強い人は、缶ビール10本飲んでも二日酔いにならないという人もいますが、一方でお酒が弱い人やお酒が苦手な人だと缶ビール2本程度で二日酔いの症状が出るケースもあります。

平均では缶ビール5本程度飲むと二日酔いになるという方が多く、普段からお酒をよく飲むという方は、この本数以上飲むと二日酔いになる可能性が高まります。

また、男性よりも女性の方が二日酔いになりやすく、症状も男性よりも辛くなる場合が多く、自分がどの程度お酒に強いのかを把握しておくことも大切です。

二日酔いの予防&改善方法

お酒を飲む前には、予め二日酔いの対策をしておくことで、飲んだ翌日に引き起こる二日酔いのダメージを軽減することが可能です。

そこで、二日酔いに効果的な予防方法とさらに、二日酔いを即効で解消できる改善方法をご紹介します。

予防方法① お酒と食事を一緒に摂る

空腹状態でお酒を飲むとアルコールの吸収スピードが速まり、アセトアルデヒドが分解されにくくなります。

お酒と食事を一緒にすることで吸収スピードを抑えることができ、肝臓への負担を軽減できます。

予防方法② 水分を適度に摂る

お酒を飲むと脱水症状になりやすく、二日酔いで引き起る喉の渇きや頭痛、めまい、吐き気はこの脱水症状に陥ることで発病します。

飲酒前には、水部補給を行い脱水症状を防ぎましょう。

また、飲酒時にお酒と同時に適度に水を摂取することで、アルコール濃度が低下し、二日酔いのダメージを軽減できます。

予防方法③ お酒は割って飲む

短時間の間に濃いお酒をストレートで大量に飲むと血液中にあるアルコールの濃度が急上昇し、二日酔いだけでなく急性アルコール中毒を発病するリスクが高まります。

濃いお酒を飲む際には水や炭酸と割って飲むようにし、ゆっくりと時間をかけて飲むようにしましょう。

改善方法① スポーツドリンクを飲む

アルコールを肝臓で分解するには糖分が必要になり、処理によって血糖値が下がって低血糖に繋がります。

低血糖を改善するには、スポーツドリンクなどの糖分が含まれた飲み物や食材を摂取しましょう。

改善方法② 安静にする

二日酔いの翌日は、睡眠をしっかりとり、安静に過ごすように心掛けて下さい。

翌日がお休みの場合は、自宅でゆっくり体を休ませましょう。

改善方法③ フルーツを食べる

フルーツには糖分やビタミンCなど、アルコールを分解する為に必要な栄養素が豊富に含まれており、特に”柿”は、アルコールの分解を促す「タンニン」という成分が含まれていることから、高い効果が期待できます。

お酒を飲んだ翌日の朝は、フルーツを取り入れるように心がけましょう。

二日酔いの時にやってはいけないNG行動とは?

二日酔いの時には、望ましくない行動をすることで余計に症状が悪化することもあり、注意が必要です。

そこで、二日酔いの時にやってはいけないNGな行動をご紹介します。

カフェインは控える

カフェインには脱水症状の原因でもある利尿作用がある為、二日酔いのときはコーヒーや紅茶、お茶などのカフェインが含まれた飲み物の摂取は控えるようにしましょう。

お風呂とサウナに入るのはNG

改善方法で前述した通り、二日酔いになると喉がいつも以上に渇きやすくなり、体が脱水状態になっています。

脱水状態が進行するのを防止するには水分補給がとても重要になり、特に二日酔いになっているときに避けたいのがお風呂とサウナです。

二日酔いの状態でお風呂やサウナといった気温の高い空間で汗を沢山かいてしまうと、体から水分が失われ、脱水状態がさらに進んでしまいます。

どうしてもお風呂に入りたい場合は、たっぷりと水分補給をしてから、浴槽を低めの温度に設定して入浴しましょう。

二日酔い対策におすすめな飲み物は?

二日酔いになったら、水分を沢山摂取して脱水症状になるのを防ぐ必要があります。

水分補給を行うには水以外でも大丈夫ですが、前述した通り、カフェインの入った飲み物は控えなければなりません。

二日酔い対策におすすめな飲み物は、肝臓の解毒作用のある糖分が含まれているスポーツドリンクがおすすめだとお伝えしましたが、その他にも、二日酔いに効果的な飲み物は沢山あります。

その中から今回、二日酔い対策におすすめな飲み物を3つご紹介します。

プラセンタドリンク

プラセンタドリンクは、プラセンタエキス(母親と赤ちゃんを結んでいる器官に位置する胎盤から抽出した健康効果や美容効果が豊富に含まれた成分)が含まれたドリンクで、本来は美容目的で飲んでいる方が多いですが、プラセンタには二日酔いの効果も期待できると言われています。

このプラセンタは、肝臓の機能を高める働きがあることから医療現場で肝臓病の治療としても取り入れられており、肝臓の解毒機能のサポートや肝臓の細胞を修復する作用が期待でき、これによってお酒を飲む直前にプラセンタを取り入れることで、肝臓が強くなり、二日酔いを予防してくれ、さらに二日酔いになった日にプラセンタを飲んでも効果が期待できます。

プラセンタから抽出したプラセンタエキスは、注射や健康食品に使用されていますが、その中でも特に気軽に取り入れられ、尚且つ即効性が高いのがプラセンタエキスが配合されたドリンクです。

液体なので体内にスムーズに吸収することができ、さらに疲労回復効果も期待できるので、飲みすぎによる疲れも回復してくれます。

酵素ドリンク

二日酔いを和らげるには野菜ジュースやトマトジュースなどの野菜が含まれたドリンクが効果的だと言われていますが、さらに高い効果が期待できるのが数十種類以上の野菜や果物を発酵、抽出して作られている「酵素ドリンク」です。

酵素ドリンクは、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれており、免疫力アップや美容効果、腸内環境を整える効果がありますが、それだけでなく、二日酔いの症状を和らげ、解消する効果も期待できます。

さらに、この酵素ドリンクにはデトックス効果もあり、デトックスして肝臓にある毒素を排出することで肝臓を活性化することができ、肝臓の機能を高めることでアルコール摂取時に肝臓にかかる負担を軽減することが可能です。

効果を得るには継続的に飲み続けるのが望ましく、毎日飲むことで二日酔いになりにくい体を作ることができます。

青汁

肝臓でアルコールを分解する際には、亜鉛などのミネラルやビタミン、たんぱく質が消費され、体内にこれらの栄養素が不足していると、肝機能が低下し、分解する働きが弱まる場合があります。

そこで取り入れたいのが青汁です。

健康に良い飲み物としておなじみの青汁には亜鉛が豊富に含まれており、アルコールを分解する際には、特に亜鉛が多く消費されると言われているので、青汁を飲むことでアルコールの分解を促すことができます。

さらに、注目したいのがデトックス効果です。

青汁には食物繊維が豊富に含まれていることからデトックス効果が期待でき、前述した通り、デトックスを行うと肝臓の機能を回復し強くすることができます。

青汁を飲むタイミングは飲酒前・飲酒後どちらでもOKですが、飲酒直前に1杯飲み、さらに翌日の朝に1杯飲むとより効果的が期待できます。

まとめ

コミュニケーションの場でもある飲み会は、普段は言えないようなことも本音で語り合って信頼関係を築けるチャンスでもあることから、ついつい盛り上がって酔ってしまうほど飲んでしまうのはやむを得ないことかもしれません。

しかし、翌日に不快な思いをしない為には、限度を超えずにほどほどにしておくことも大切です。

注意していたつもりでも万が一、二日酔いになってしまった場合には、今回ご紹介した改善方法やおすすめの飲み物を取り入れて、体をケアしてあげましょう。

体のことも常に考えながら、上手くお酒と付き合ってみてくださいね。

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事