○○で肌の水分量がアップ!?40代の正しいスキンケア講座

40代は肌(皮膚)に最も変化が起こる時期であり、20代から30代になったときよりも変化を如実に感じ、肌に関する悩みも今まで以上に増えてきます。

ほうれい線が目立つようになってきたり、表情ジワが消えないといった肌トラブルは40歳を過ぎた辺りから感じてくる人が多く、肌の老化を防ぐには毎日のスキンケアが重要で、自分の年齢に合うやり方でお手入れをしなければなりません。

スキンケアを毎日完璧にしているという方でも、年齢に合ったスキンケアができているか、一度見直してしてみるのがおすすめです。

そこで今回は、現在40代の方やもうすぐ40代に突入する方必見の、40代女性の為の正しいスキンケア講座をご紹介します。

40代になると起こる肌の変化とは?

人間の肌は20代後半頃から徐々に水分量が減少し、肌の老化がはじまりますが、30代になるとさらに加速し、40歳前後になるとホルモンバランスやターンオーバーの乱れが影響し、肌質が大きく変化してきます。

40代になるとシミが今まで以上に目立つようになり、シミの元であるメラニン色素はターンオーバーが正常に機能されていると、ターンオーバーされる際に代謝してくれますが、ターンオーバーの周期が長くなることで、メラニン色素が過剰に生成されるリスクが高まり、その結果、色素沈着が肌に残ってしまいシミやくすみができやすくなる肌質になっていきます。

ターンオーバーを活性化させるには、UVケアをきちんと行い、バランスの良い食生活や良質な睡眠をとるようにし、内側から肌を整えるようにしましょう。

コラーゲンの減少による乾燥

セラミド、ヒアルロン酸と並ぶ3大保湿成分でタンパク質の一つであるコラーゲンは、人間の体を構成するタンパク質のうち30%がコラーゲンと言われているほど重要な成分であり、バリア効果の向上や肌の弾力を作る為にとても重要な成分です。

コラーゲンは、皮膚の真皮にある「線維芽細胞」によって作り出されますが、線維芽細胞の増殖能力は40代になると20代の約半分の量に低下します。

乾燥肌の原因は線維芽細胞の減少による影響が高く、コラーゲンが作り出されなくなることで肌からみずみずしさが無くなってカサカサするようになり、ハリが失われ、シワやたるみ、ほうれい線などを引き起こします。

線維芽細胞は適度な運動や睡眠、バランスの良い食生活など、規則正しく生活することで減少を防ぐことができますが、さらに毎日のスキンケアで肌をしっかりと整えておくことも大切です。

40代の正しいスキンケア方法

年齢を重ねるとともにスキンケア方法を見直して少しずつ変えていく必要がありますが、具体的にどのようにチェンジしていけばいいのか分からないという方も多いかもしれません。

そこで、40代になったら始めたいスキンケア方法をご紹介します。

1.洗顔

朝と夜の洗顔は丁寧に行うようにし、きっちりと汚れを落としましょう。

肌に汚れが残っていると、後に様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

洗顔フォームは泡立ちが良く、低刺激のものがおすすめで、洗う際はよく泡立ててからぬるま湯で優しく撫でるようにして洗いましょう。

2.化粧水

洗顔後は、肌が乾燥してくる前に直ちに化粧水をつけるようにしましょう。

化粧水をつける際は、まず一度顔の全体に均一に付けて優しくなじませるように伸ばしていき、さらに乾燥しやすい場所には再度付けて入念に保湿します。

最後は手の平を使い、軽く押さえ込むようにして化粧水を肌の奥まで浸透させましょう。

40代の方は、30代のときよりも肌の水分量が低下してくる為、保湿効果が高いしっとりとしたタイプの化粧水の使用がおすすめです。

3.美容液

化粧水の後はエイジング効果のある美容液を使い、シミやシワを予防しましょう。

指を使いながら下から上へなじませるようにマッサージしながら伸ばしていくことで、リフトアップ効果も期待できます。

シミやシワ、くすみなどがある場合は、その部分をさらに重ねづけすると効果が高まります。

4.乳液

乳液は使わないという方も多いかもしれませんが、乳液には肌を柔らかくさせて柔軟に整える作用が期待でき、40代の肌の場合には使用する・しないで肌の弾力に大きな差が出てくる場合もあるので、必ず使うようにしましょう。

乳液は手の平に取った後、少し温めてから肌につけるとなじみやすくなり、肌にしっかり浸透させることができます。

5.保湿クリーム

スキンケアの最後は保湿クリーム(フェイスクリームやスキンケアクリーム)で仕上げをしましょう。

保湿クリームは、皮脂の過剰分泌を抑える働きや、化粧水や美容液によって保湿された肌を持続する役割があり、保湿クリームで肌をカバーすることで肌にある水分を外に逃さずに封じ込ませることができます。

クリームを塗る際には、乳液同様に手の平で少し温めてから塗るのがおすすめで、顔の数箇所にクリームをつけ、薄くのばすようにムラなく全体的に塗っていきましょう。

これでスキンケアはすべて完了です。

メイクの際の注意ポイント

スキンケアと同様にメイクも年齢と重ねるとともにやり方をシフトしていかなければなりません。

40代を過ぎると、少しでもNGなメイクをしているとより老けて見える可能性があり、これまで以上に注意して取り組む必要があります。

中でも、気を付けたいのがベースメイクです。

下地には、UVカット効果のあるものを選び、さらにファンデーションもUV効果のあるものを使えばさらに効果を高めることができます。

また、ファンデーションの厚塗りは肌の水分が蒸発して乾燥肌が悪化する可能性があるので、なるべくパウダーファンデーションの使用は避けるようにし、保湿成分が含まれたリキッドファンデーションを使うようにしましょう。

また、外出時にはミスト化粧水を常備するのがおすすめです。

メイクの上から化粧水を吹きかけることで化粧崩れを防止したり、肌を保湿して乾燥肌を防ぐことができます。

40代の基礎化粧品の選び方

スキンケアが正しくできているかどうかは、使用する基礎化粧品との相性にも左右されます。

沢山の製品の中から自分と相性の良い基礎化粧品を見つけるには、安易に決めるのではなく、毎日使うものだからこそ時間をかけて探していきましょう。

そこで、基礎化粧品を選ぶ際のポイントをご紹介します。

1.試供品でテストする

多くの基礎化粧品メーカーでは、購入前に商品をお試しすることができます。

試供品を無料でもらうことができたり、さらにお得なトライアルセットが発売されている場合があるので、それらを一度試して自分の肌に合っているかテストしてみましょう。

2.40代向けを選ぶ

基礎化粧品には、年代別に向けた製品が発売されています。

40代向けの化粧品には、エイジングケアに効果的な美容成分が豊富に配合されており、さらに保湿成分は20代~30代向けのものよりも多めに含まれているので、しっかりと保湿することができます。

自分の年齢に向けた基礎化粧品を選ぶことによって、40代に適したケアを行うことが可能です。

プラセンタで肌の水分量が増える!?

肌の状態によっては、正しいスキンケアを行っているつもりでも加齢によって肌のバリア機能が低下することで、スキンケアだけではお肌の水分不足を補うことができなくなる場合もあります。

そこで実践したいのが、保湿効果のある成分が含まれた食材を外から摂取し、内側から潤わせる方法です。

保湿効果が期待できる食材には納豆やビタミンが含まれている緑黄色野菜、ハチミツなどがありますが、中でも注目したい成分が「プラセンタ」という美容成分です。

「プラセンタ」とは、母親と赤ちゃんを結んでいる器官に位置する胎盤のことで、
母親が赤ちゃんに栄養や酸素を送ることができる唯一の架け橋としての役割をもっています。

このプラセンタから抽出したプラセンタエキスは、美容注射やドリンク、サプリメントに配合されており、
美容や健康を目的として摂取することが可能です。

プラセンタにはヒアルロン酸、アミノ酸、ミネラルなど保湿効果のある成分が豊富に配合され、
これによってお肌の水分量の増加が期待でき、不足しがちな水分を補うことができます。

[シミやシワ効果大!]

シミができないようにするには、シミの元であるメラニン色素の生成を防ぐ為に紫外線から肌をガードするのはもちろんのこと、
日々様々なケアを行うことが重要です。

メラニン色素はターンオーバーの周期が長くなると生成されやすくなることから、
メラニン色素の生成を防止するには、ターンオーバーの周期を早める必要があります。

ターンオーバーの周期を早めるには肌細胞を健全に整えなければなりませんが、プラセンタにはターンオーバー機能を促進する効果が期待でき、
様々な細胞を繁殖させたり再生する働きがある「細胞増殖因子」という因子が含まれています。

細胞増殖因子によって肌細胞を若返らせることでターンオーバーの周期が正常に戻り、プラセンタを摂取することで肌トラブルのない美肌をキープすることが可能です。

まとめ

自分の肌と相性のいい基礎化粧品を使い、正しいスキンケアを行うことで確実にお肌に良い影響をもたらしてくれます。

肌の水分が急激に減ってくる40代は、何より肌を乾燥させないことが重要になるので、肌の水分量を減らさないことを重点に置いて取り組んでください。

40代はお肌だけでなく健康面にも影響が出てきたりと身体に様々な変化を感じてきますが、決して焦らずに前向きに行動していきましょう。