美肌キープにはプラセンタが必須!?30代から始めるエイジングケア

30代を超えると肌に様々な変化が起きるようになります。

肌にハリと弾力が無くなると共にほうれい線が消えなくなったり、シミ、シワが発生しやすくなるなど、人間は30代を境に一気に老けこんできてしまいます。

肌の老化を遅らせるにはいつものスキンケアだけでなく、年齢に応じたエイジングケアも行うようにし、徹底的に肌作りをしていかなければなりません。

しかし、エイジングケアと聞いても一体何から始めていいの分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、30代から始めるエイジングケアの正しいやり方をご紹介します。

30代から始めるエイジングケア!

「眉間やおでこのシワが消えない」、「口角が下がってきた」、「老けたねと言われる」など、、30代に差し掛かるにつれて肌に関する様々な悩みを持つようになります。

若々しさのある肌を保つには、自分の年齢に応じたエイジングケアを毎日続けることが重要で、それだけでなく、バランスの良い食生活や睡眠をしっかり取るのもエイジングケアの一環であり、規則正しい生活習慣を併せて行う必要があります。

人間の老化を止めることはできませんが、このような様々な対策を行うことでアンチエイジング(抗老化)することができ、皮膚の老化のスピードを緩めることは可能です。

40代や50代になっても若々しい肌でいるためには、30代から積極的にエイジングケアを行っていきましょう。

20代後半から始めてもOK!

エイジングケアは30代から始めるという方が多いですが、美容の専門家は20代後半からのスタートを推奨しており、20代からエイジングケアを始めることで、事前に肌の老化を防ぐことができます。

20代はまだまだ肌がみずみずしく、透明感のある肌を持っていますが、25歳を過ぎると次第に肌の水分量が低下し始め、シミやくすみといった症状が出るようになります。

現在20代後半で今は肌の悩みがほとんど無いという方でも、将来の為を考えて今から備えておくと安心です。

30代から肌が衰えるのはホルモンの減少が原因!?

30代頃から肌が衰えて老化してくる原因には様々な理由が考えられますが、その内の一つが成長ホルモンの減少です。

「成長ホルモン」とは。脳の下垂体前葉から分泌されるホルモンで、アミノ酸191個からなるタンパク質で構成されており、体の様々な器官に働きをかけ、体の様々な細胞の再生を促し、傷や風邪といった自己治癒力を促す作用や、美容面においては肌の新陳代謝を活発にする作用も期待できます。

成長ホルモンは加齢と共に減少してきますが、原料であるアミノ酸や、抗酸化作用のあるビタミン類が含まれた食品の摂取、そして適度な運動によって増やすことが可能です。

女性ホルモンの減少も関係している!?

また、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」も肌の老化と深い関わりがあります。

別名”美肌ホルモン”と呼ばれているエストロゲンは、肌の内部にあるコラーゲンの再生をサポートする働きがあり、エストロゲンが正常に分泌さていると健やかでツヤとハリのある
美肌に導いてくれます。

エストロゲンは成長ホルモンと同様に加齢と共に分泌量が減少し、さらにストレスやダイエットなどが原因で年齢に関係なく減少する場合もあります。

このエストロゲンはもう一つの女性ホルモン「プロゲステロン」とのバランスが保たれることで、効果が作用します。

バランスを保つには、睡眠を毎日たっぷり取り、バランスの良い食生活や運動を行いましょう。

エイジングケアの正しいやり方 30代編

今後のことを考えて、自分もエイジングケアを始めようと思い立っても、一体どのように取り組んで行けばいいのかわからないという方もいるかもしれません。

そこで、30代の方々に奨める基本のエイジングケアのやり方をご紹介しましょう。

紫外線対策を万全に!

エイジングケアで最も心掛けておきたいのが紫外線対策です。

太陽から降り注ぐ紫外線には、UVAとUVBの2種類の紫外線があり、その内のUVAは肌の奥にまで浸透しやすいことから、ハリや弾力を作る線維細胞を壊したり、シミやシワの元となるメラニン色素を生成してしまうなど、肌に様々なダメージを与えます。

一方のUVBは、肌の内側ではなく肌表面に強いダメージを与えるのが特徴で、メラニン色素を生成して肌が薄黒くなったり、炎症を引き起こすといったダメージがあり、夏に日焼けをしてしまうのはこのUVBが原因だと言われています。

紫外線から肌を守るには、SPF値(紫外線効果指数)のマークが表記されている紫外線カット効果のある化粧品や日焼け止めを使い、徹底的に紫外線ケアに取り組みましょう。

また、UVAは6月が1年で特に強いと言われていますが、紫外線は春~夏だけでなく1年中降り注いでおり、毎日欠かさず紫外線対策を行ってください。

さらにUVAは室内にも入り込んでしまうのでUVカット機能がついたレースカーテンに変えたりフィルムを窓に貼り付けたりと、対策をしておくのがおすすめです。

スキンケアにはエイジングケア化粧品を使用する

本格的にエイジングケアに取り組みたいという方はエイジングケア化粧品への切り替えがおすすめです。

エイジングケア化粧品には、高い保湿効果があることからバリア機能を整えることができ、さらに美白効果やシミやシワの予防など、30代以降の女性が持つ数々の肌トラブルに効果的な美容成分が豊富に含まれています。

エイジングケア化粧品は、化粧水やクレンジング、クリームなどがありますが、一気に揃えるのは予算的大変だという方は、まずは化粧水から試してみましょう。

5大栄養素をバランスよく摂取する

エイジングケアは、外側から肌を保湿することも大切ですが、それと同時に皮膚の内側からもケアしていかなければなりません。

美肌を作る為にはタンパク質、ビタミン、ミネラル、脂質、糖質の体を作る為に必要でもある5大栄養素が必要だと言われており、これらの栄養素をバランスよく摂取することを心掛けましょう。

中でもビタミンAは肌のターンオーバーをする為に特に欠かすことのできない栄養素であり、さらにビタミンCはメラニン色素の生成を防止したり、コラーゲンを合成するために必ず必要になります。

5大栄養素を摂るにはバランスの良い食生活を心掛け、不足していると感じた場合はサプリメントやドリンクなどで補いましょう。

プラセンタを摂取すると身体や肌が若返る!

エイジングケアに取り組むには紫外線対策を十分に行い、さらに栄養素をバランスよく摂取することが重要と説明してきましたが、偏った食生活をしているとタンパク質やビタミンが不足したり、また必要以上に糖質や脂質を摂りすぎると太ってしまうこともあり、仕事が忙く外食が多い方だと毎食バランスの良い食生活をするのは中々ハードルが高いのではないでしょうか?

そんなときの救世主的存在なのが、栄養素や美容成分が豊富で究極の美容エキスと言われている「プラセンタ」です。

プラセンタとは赤ちゃんと母親を結ぶ器官に位置する胎盤のことで、この胎盤には様々な栄養素が凝縮されていると言われています。

このプラセンタには美肌を作り、保持するために必要な全ての5大栄養素が豊富に含まれており、不足しがちな栄養素をバランスよく補うことが可能です。

胎盤から抽出されたエキスは、美容注射やサプリメント、ドリンク、化粧品など様々な用途に使用され、今では気軽に取り入れられるようなっており、美容効果はもちろんのこと、病気の予防、治療など数々の健康効果も期待できます。

ホルモンバランスを整える効果も!

様々な栄養成分が含まれているプラセンタを摂取すると全身の細胞が活性化されていき、肌だけでなく身体全体を若返えらせてくれます。

さらにプラセンタには老けの原因でもあるホルモンバランスの乱れを正常に整えてくれる効果があり、ホルモン自体はプラセンタに含まれていないですが、プラセンタの効能の一つに「ホルモン分泌調節作用」が
あります。

この作用は不足しているホルモンを増やしたり、その逆で多すぎるホルモンを抑えてホルモンの分泌を正常に促してくれる働きがあり、これによって美肌効果やアンチエイジング効果、更年期障害の症状の緩和が期待できます。

まとめ

エイジングケアは、こまめに保湿をするように心掛けたり、紫外線に注意しながらバランスの良い食生活を行うだけでも十分に効果が期待できます。

さらにプラセンタを取り入れることで体の内側から肌を若返らせ、みずみずしさのある肌をキープすることができ、これでアンチエイジング対策は万全です!

最近肌トラブルが増えてきて悩んでいるという方は、30代のみならず、20代の方も今すぐにエイジングケアをスタートしてみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事